« 新たに踏み出される一歩に | トップページ | 西蓮寺聞法会新年会2018 »

2018年1月 9日 (火)

教えを開く者となる

私は、幸いにもお寺に生を受け、親鸞聖人の教えに出遇い、感動し、その親鸞聖人の教えを伝えていく役割をいただくことができました。お寺という場所・舞台・前提があるわけです。
しかし、親鸞聖人の教えに出遇い、感動し、その教えを伝えていく者となりたい!と志し、そこで初めて自らお寺を立ち上げ、開く方々がいます。開教する者、開教者と言います。
その開教を志された方々のために、開教者実習というカリキュラムがあるのですが、その中の「寺報講座」の講師を過日勤めました。そして、いよいよカリキュラムも修了し、2018年1月9日、開教者実習終了式が練馬の真宗会館で行なわれました。
今年度は2名の参加者でしたが、お二人とも親鸞聖人の教えに出遇えた喜びと、これから教えを伝える者としての歩みを始める決意を語られました。
頼もしい仲間の誕生に涙し、「おめでとう、ありがとう」と声をかけさせていただきました。
ホント、嬉しいです。これからも、人生を通してよろしくお願い致します。

« 新たに踏み出される一歩に | トップページ | 西蓮寺聞法会新年会2018 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たに踏み出される一歩に | トップページ | 西蓮寺聞法会新年会2018 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ