« 背き合うより向き合っていたい | トップページ | 「雑」 »

2018年1月 1日 (月)

2018年1月のことば

2018年を迎えました
明けましておめでとうございます

朝5時に起床し、お参りの準備を整えて、朝6時 2018年修正会(しゅしょうえ)をお勤め致しました。
いつもと変わらぬ朝なのに、元旦は凛とした気持ちになるから不思議です。
常にそうありたいものです。常にそうあれよ!と、自分に渇を入れました。
本年もよろしくお願い致します

Dsc_0195_2
南無阿弥陀仏

 fuji fuji fuji

Dsc_0193
本願力にあいぬれば
むなしくすぐるひとぞなき
功徳の宝海みちみちて
煩悩の濁水へだてなし
  親鸞聖人「天親和讃」

でっかいもの

 でっかいものを 作ろうとして
 はじめて 知った
 でっかいものを作るには
 それよりでっかい足場を組む作業が必用な事
   (羽海野チカさん 『ハチミツとクローバー』9巻より)

たとえ何年の人生であっても
たとえどのような生涯であっても
今、築いている人生は「でっかいもの」
その「でっかいもの」を作るために
「それよりでっかい足場」が
組まれていました

私がいのちを尽くすために、
私は、一人では生きていけない
私は、一人では生きていない

目の前の人とも
周りの人とも
出会ったことのない人とも
私はつながっている

好きな人がいて
嫌いな人がいて
何とも感じない人がいて
みんながいて、私が私となりました

私一人の人生のために
どれだけ「でっかい足場」が
組まれていたことだろう

年が明けて、願い事に懸命な私は

安全を願わずにいられない
幸せを願わずにはいられない
家族や身内がいるから
「家内安全」を願い

そんな温かい家族を支えたいから
今の仕事が好きだから
「商売繁盛」を請い

家族の健康のため
自身の健康のため
「無病息災」を祈る

願い事は尽きない私です
けれど
願い事をするに先立って、
私に願いを起こさせる
家族や仲間、
仕事や世界やいのちがある

そんな家族や仲間や仕事や世界
そしていのちに囲まれて
今、私はいる

私が他のいのちを想うように、
私も他のいのちから想われていた
私が他のいのちの幸せを願うように、
私も他のいのちから願われていた

こんなに想っているのに
なぜ伝わらない
こんなに願っているのに
なぜ叶わない
こんなにがんばっているのに
なぜ実らない

私の願いが叶わないとき
「むなしい」とつぶやきたくなる
けれど、
願われている私なんだと目覚めたとき
願いが叶わないことを
「むなしい」というのではなくて
願いに気付いていないから
むなしかったんだなぁと微笑む

むなしさや はかなさを
つらさや 悲しさを生きる私
そんな私のことを願うはたらきは
私を私のままに受けとめていました

功徳や利益(りやく)は
善い行いや
お金の対価として貰うものではなくて
いのちをいただいて生きている
すでにその事実が功徳であり利益

功徳や利益は
つらさ悲しさ苦しさを
無くしてくれるはたらきではなくて
つらさ悲しさ苦しさを
すべてひっくるめてのいのちなんだと
目覚めさせてくれるはたらき

お汁粉も
きな粉餅も
クッキーも
甘さを引き立たせてくれるのは、塩
砂糖ばかりどんなに入れても
ついに甘さは感じられない

つらさ悲しさ苦しさは
有るより無いがいいけれど、
生きることを嫌悪する私の思いに反し
爪や髪やヒゲは伸び、
お腹が空いたと腹は鳴り、
痛めた傷を治癒しようと
私のいのちは懸命に生きている
果たして「私」とは どこにいるのだろう

願い事が成就しますようにと
宝物を求めて手を合わせるけれど
合わせる手の中にすでに大切なもの
南無阿弥陀仏が
功徳の宝海が満ち満ちている

海は
きれいな河川も
汚れ濁った河川も
分け隔てせずに
受け入れる

阿弥陀如来の慈悲のこころは
燃えさかるような煩悩を持った人も
煩悩でまなこが濁った人も
えらばず きらわず みすてずに
あきらめることなく
常に私を抱きしめている

 sun sun sun

掲示板の人形
今年は戌年(いぬどし)ですね
毎年1月恒例十二支人形の主役は犬です(イノシシが出番を待っていますhappy01

Dsc_0193_2

Dsc_0194

« 背き合うより向き合っていたい | トップページ | 「雑」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 背き合うより向き合っていたい | トップページ | 「雑」 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ