« 氷山の一角 | トップページ | なんて充実した3分間なんでしょう! »

2017年6月11日 (日)

グレン・グールドの9分32秒

2年前に75歳で逝った詩人・長田弘さんに、「グレン・グールドの9分32秒」という詩がある。9分32秒とは、天才グールドがピアノで弾いた、ワーグナーの歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕前奏曲の録音時間だ

 針がレコードに落ちるまでの、
 ほんの一瞬の、途方もなく永い時間。
 ワーグナーのおそろしく濃密なポリフォニーから
 すばらしく楽しい対位法を抽きだして、
 響きあうピアノのことばにして、
 グールドが遺した
 9分32秒の小さな永遠

時間とは「一人のわたしの時間をどれだけ充実させられるかということでしか測ることができないもの」と、詩人は説いた。だから、時間をはかる単位は時分秒ではなく「充実」なのだと(『幼年の色、人生の色』)

そんな詩人が大切にしたのは、「時計の針で測る時間でなく、音楽で測る時間」。じっと聴き入り、時を忘れる濃密な時間である

詩は続く。

 芸術は完成を目的とするものではないと思う。
 微塵のように飛び散って、
 きらめきのように
 沈黙を充たすものだと思う。
 あらゆる時間は過ぎ去るけれども、
 グールドの9分32秒は過ぎ去らない。
 聴くたびに、いま初めて聴く曲のように聴く…
 人生は、音楽の時間のようだと思う

時分秒ではなく、「充実」という単位ではかる時間を持ちたい。あすは、時の記念日。
(「東京新聞」 2017年6月9日(金) コラム「筆洗」より)

 

長田弘さんの詩は、いくつも読んできたけれど、「グレン・グールドの9分32秒」という詩は知りませんでした。
6月も早くも中旬に入りました。ついこのあいだ6月に入ったと思ったのに。
「時の経つのが早いなぁ」なんてつぶやくと、妻から「時間の経つスピードは同じよ」と突っ込まれます。確かに、1秒の長さは同じですよね。ということは1分も、1時間も、1日も、1年も…
「年を重ねると、どんどん時間が経つのが早くなるねぇ」なんて会話もあるけれど、生まれたばかりの赤ちゃんも、何年も喜怒哀楽を重ねて来た先輩も、時間の経つスピードは同じ(はず^^)。

同じ時間を生きているのだから、「空過(くうか:空しく過ぎゆく)」よりも「充実」ではかる時間を生きたい。

« 氷山の一角 | トップページ | なんて充実した3分間なんでしょう! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 氷山の一角 | トップページ | なんて充実した3分間なんでしょう! »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ