« 人間が人間のいのちを自分とおなじように大事に思う | トップページ | いもむしさんや虫が苦手な方は、ご覧にならないほうが… »

2017年5月17日 (水)

何を見ているの?

昨日、自動車の高齢者教習を受けた門徒さんから教えていただきました。
若いときの視野は、180度を越えるらしい。
70を越えると160度ほど。自然なことながら視野は狭まる。
で、小学生に上がるくらいまでの子どもは、自分の真正面しか見えないとのこと。
だ、そうです。
視野も狭いし、背も低い。ほんの少しのエリアしか見えていないんですね。
子どもが飛び出したり、コップのジュースをこぼしたり、人や物にぶつかったときに、「どこ見てるの!」と怒ってしまうけれど、子どもたちは見える範囲を懸命に見て生きている。
どこ見てるの!なに見てるの!は、自分自身に返すべきことばです‼️

« 人間が人間のいのちを自分とおなじように大事に思う | トップページ | いもむしさんや虫が苦手な方は、ご覧にならないほうが… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間が人間のいのちを自分とおなじように大事に思う | トップページ | いもむしさんや虫が苦手な方は、ご覧にならないほうが… »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ