« 守るとは、何を守るのか | トップページ | 読めよ読めよ 聞けよ聞けよと 弥陀の声 »

2017年4月 4日 (火)

月夜に いい風に吹かれて

作家 夏目漱石氏は、英語の教師をしていました。
ある日の授業中、「I love you」を「我 君を 愛す」と訳した生徒に対して、「日本人はそんなことは言わない。“月が綺麗ですね”とでも訳しなさい」と言ったとか言わなかったとか。
典拠のある話ではないのですが、夏目漱石氏が 「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したという逸話が今に伝わります(なんて書いてますが、最近知った話です)。

 「私はあなたを愛しています」
 「あ、そうなんですか

 「月が綺麗ですね」
 「えぇ、そうですね

  

2014年に亡くなられた 俳優 高倉健さん。
「クローズアップ現代」の元キャスターだった国谷裕子さんが、高倉健さんにインタビューしたときのことを書かれています(『キャスターという仕事』 岩波新書より)

(国谷)「「ホタル」の撮影を終えられたばかりなんですけれども、これからはどういう作品に出たいと思いますか。」
(高倉)「まだ頭のなか、何も考えていないですね。もう嫌でも封切りの日が来ますから、その日が一番辛くなる日なんですけど。でもどっかでいい風に吹かれたいというふうに思いますね。」
(国谷)「いい風に吹かれたい。」
(高倉)「はい、いい風に吹かれていたいですね。あんまりきつい風に吹かれてると、人に優しくなれないですね。だからいい風に吹かれるためには、自分が意識して、いい風が吹きそうな所へ自分の身体とか心を持っていかないと。じっと待ってても吹いてきませんから。吹いてこないっていうのが、この頃わかってきましたね」

  

「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳すセンス
「これからはどういう作品に出たいですか?」という質問に「どっかでいい風に吹かれたい」と応える感性
テストや面接などの場面なら、×をもらうところでしょうが、でも、×ですか? 「あぁ、生きてるなぁ」って感じがしませんか? 
たまたま上記2つのエピソードを同じ日に知って、「お腹が空いているときに 美味しそうな料理の匂いが漂ってきたような気がしました」(←センス無し!!)

« 守るとは、何を守るのか | トップページ | 読めよ読めよ 聞けよ聞けよと 弥陀の声 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 守るとは、何を守るのか | トップページ | 読めよ読めよ 聞けよ聞けよと 弥陀の声 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ