« カニな私 | トップページ | 根っこでつながっている意識が感じられれば、風化なんてしない »

2017年3月10日 (金)

スポーツを愛するこころは、相手チームも含めて、選手を敬うこころ

野球の世界一を決めるWBCが始まりました。
日本代表は、早くも2次ラウンド進出を決めました。
1次ラウンド(予選)初戦、日本の山田選手(ヤクルトスワローズ)がホームランを打ちました。
が、外野フェンス際で応援していた少年が、グラブを出してキャッチしたために、二塁打の判定に覆りました。
テレビを見ていた方の誰もが、「なにやってんだよ!」と思われたことと思います。また、例によってネット上では、少年に対するバッシングが響き渡りました。
その少年は、その後フードをかぶり、うつむき、涙ながらに試合を見届けたと伝えられています。
その報道を見て、山田選手は、次の試合でも活躍しました。それは、少年のせいで負けたとか、日本が不利になったと思わせないための活躍です。
山田選手が語ったと聞きます。「野球場にグラブを持ってきて、しかも丸刈りの少年と聞きました。つまり、野球少年なわけです。将来プロ野球選手になって、もしかしたら一緒にプレーすることもあるかもしれない。私は少年に伝えたい。私は何も気にしてないよ。だから野球を嫌いにならず、またグラブを持って応援に来てほしい」と。
そう言い切るためには、自身の活躍がなければいけませんし、それだけにより奮起して実際に活躍をされているわけです。

目の前に、飛びつきたくなるようなラッキーな出来事があったら、誰だって飛びつきませんか?
果たして少年を責められる私ですか?

山田選手のコメントは、少年に対してのものであると同時に、少年をバッシングしたすべての人間へのメッセージであると思います。
日本を、野球そのものの盛り上がりを応援するのであれば、一緒に喜びましょう。たとえ敵チームの勝利やファインプレーであっても、拍手を送れる私でありたいと思います。
そういう気持ちが、贔屓のチームを応援する以前に、スポーツを愛する気持ちだと思います。

« カニな私 | トップページ | 根っこでつながっている意識が感じられれば、風化なんてしない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カニな私 | トップページ | 根っこでつながっている意識が感じられれば、風化なんてしない »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ