« 春の彼岸2017 春分の日 お中日(4日目) | トップページ | 春のお彼岸2017 6日目 »

2017年3月21日 (火)

肥田舜太郞さん ありがとうございます

2017年3月20日(月) 肥田舜太郞(ひだ・しゅんたろう)さんが亡くなられました。

肥田舜太郞さん
1917年広島市生まれ。太平洋戦争の最中、広島市の陸軍病院に軍医として勤める。広島の原爆被爆直後から被爆者の救援・治療にあたり、2009年の引退まで診察を続ける。1975年以降、欧米を中心に計30数カ国で、被爆医師として被爆の実相を語りつつ、核兵器廃絶を訴える。また、アメリカの低線量放射線被曝に関する研究書等を翻訳、普及に努め、内部被曝の脅威を訴え続ける。
2017年3月20日(月)肺炎で逝去。100歳でした。

 

20日の晩、肥田舜太郞さんが亡くなられたニュースを聞き、かつて「同朋新聞」に掲載された対談を思い返しました(2012年6月号7月号)。
肥田さんのことばを読み、「あ、肥田さんの話を聞きたいな」と思ったものでした。結局お話しを伺うことはかないませんでした。
被曝者だけでなく内部被曝者にまで想いを寄せて、晩年まで診察・講演をされた肥田さん。福島に生きる人々のことも想われていました。優しさに溢れた目をされた方です。
また一人、戦争を語り続けてくださった方がお浄土に還られました。いつも思います。「ありがとうございます」ということばだけで済ませてはいけない。いただいたものを、次に伝えていかなければ、と。
南無阿弥陀仏

 

原爆による放射線の被害をアメリカは隠し続けました。当時の日本の医師に「原爆の被害を受けた患者を診てもいいが、被曝のことをあれこれと詮索、研究してはいけない」と言ったのです。もし違反すれば重罪だと。実はそれが今日まで続いている。だから日本の医科大学で放射線問題をきちんと研究しているところはどこにもない。そして、67年経った今日まで、広島・長崎の人がどのように死んでいったのか、誰も何も聞かされていない。 それに内部被曝は被曝した証拠がわかりにくい。被曝だとケロイドという非常にわかりやすい症状があるわけですが、「私は広島で被曝した」と言っても証拠がない。私が一番苦しかったのは、そういう被曝者が死に際に私の手を握って「私は何に殺されるのですか」という言葉を聞いた時でした。わからないのです。 内部被曝を受けた人たちは外から見ても何ともないから、誰に言っても被曝者と認めてもらえない。医者に診てもらうことすらできない。被曝者と内部被曝者との間にそういう大きな亀裂があることが初めてわかりました。だからその溝をどう埋めるかが大きな宿題になったのです。 いのちが惜しいのはどちらも同じ。死が怖い。だから一人ひとりの悩みの根源にはいのちの問題があるから、そこにふれなければと思い始めたのです。地球の中のたった一人の大事ないのち、その自分のいのちの大切さ、重さにどう気づくか。そういうことを考えようと。「放射線があなたの身体をがんにするわけですから、あなたは自分の身体の主人公になって、“なっちゃ困る”という立場で生きればいいじゃない。そういう生き方を考えたことあるか」って、そういう運動を30年くらいやりました。 明日からどうして生きていけばいいのか、と悩み苦しんでいる福島のお母さん方に「あなたが生きるしかないんだ」と。そう言わなければ誰も納得しないですよ。放射線がないところへ避難しろとか、汚染されていない食べものを選べとか、そんなことができる人なんで限られています。だからそういうことを思い切って話し始めたのです。授かったいのちいっぱい生きるのがあなたの任務だと、勇気を持って生きていこうと励まし合うのが正しい援助です。お金やものをあげるのは大事なことだとは思いますが、人間の生き方を変えていき、尊さを失わずに歩んでいくことが大切なのです。 尊さということ。自分などはつまらない存在だと思いがちなんですが、そうではありません。あなたという人間は世界中探してもここにしかいない。みんなそれぞれ、誰も代わることができない自分のいのちを生きている。だから今日からあなたは、自分のいのちの主人公になりなさい。人に言われて生きるのではなしに、自分が生きるんです。

僧侶の皆さんには、ぜひとも現実の苦悩から生まれた言葉で親鸞さんの教えを表現してほしいと思います。
〔「同朋新聞」(真宗大谷派宗務所発行) 2012年6月号7月号「人間といういのちの相(すがた)」より〕

« 春の彼岸2017 春分の日 お中日(4日目) | トップページ | 春のお彼岸2017 6日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の彼岸2017 春分の日 お中日(4日目) | トップページ | 春のお彼岸2017 6日目 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ