« 記録・資料を残しておけば、こんなにも混沌としなかったのでは・・・(記録・資料はあるのだろうけれど) | トップページ | 2017年4月のことば »

2017年3月31日 (金)

「たり」が たり ない。

「今日は友だちとボール投げをしたり、縄跳びをして遊んだよ」と娘が言うので、「そっか、良かったね」と応えるわけですが、
「今日は友だちとボール投げをしたり、縄跳びをしたりして遊んだよ」
というのが正しい表現になります。
「たり」は、繰り返し用いる「並列助詞」というのだそうです。
「願ったり叶ったり」「踏んだり蹴ったり」などと言いますよね。
「~たり~たり」と、続けて用いるのが正しい使い方だそうです。

今、別の原稿を書いていて、最初の娘のセリフのような文章を書いたら、Word君が丁寧にも緑の波線で「おかしいよ、間違ってるよ」と指摘してくれたので、「ん! どこがおかしいんだ?」って調べたら、「~たり~たり」の用法を知りました。ひとつ賢くなりました

« 記録・資料を残しておけば、こんなにも混沌としなかったのでは・・・(記録・資料はあるのだろうけれど) | トップページ | 2017年4月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記録・資料を残しておけば、こんなにも混沌としなかったのでは・・・(記録・資料はあるのだろうけれど) | トップページ | 2017年4月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ