« 宝物 | トップページ | 記録・資料を残しておけば、こんなにも混沌としなかったのでは・・・(記録・資料はあるのだろうけれど) »

2017年3月29日 (水)

とんでもない

「とんでもない」を「とんでもございません」と仰る方がいます。
おそらく強調されているのでしょう。
しかし、「とんでもない」は、「あぶない」「せつない」同様、それでひとつの言葉なのです。切り離せません。
「とんでもない」「あぶない」「せつない」の「ない」は、「ある」の反対の「ない」ではありません。

「とんでもございません」は、「飛んでも」+「ございません」に聞こえるわけです。
「私は飛んでいません」。
えぇ、そうですねhappy01

ちなみに、
「もったいない」は、「もったい(勿体・物体)・・・物のあるべき姿」が「ない」という言葉です。「本来の姿ではない」という意味が派生して、「私には不相応です」「そういう使い方は惜しいと思います」という意味で「もったいない」と言うようになりました。

あ、でも「もったいございません」とは言わないですね。
「とんでもございません」は、丁寧に言っているようでいて、「とんでもない」表現だったのですね。

« 宝物 | トップページ | 記録・資料を残しておけば、こんなにも混沌としなかったのでは・・・(記録・資料はあるのだろうけれど) »

コメント

と、申しますか「情けない」→「情けのうございます」、「かたじけない」→「かたじけのうございますなので、「とんでもない」→「とんでものうございます」ですよね。

(現代語だと、「とんでもない こと で ございます」)

☆筆硯独語さんへ
お久しぶりです。
あ、そうか!「ございます」を付けたければ、「とんでものうございます」「とんでもないことでございます」と言えばいいんですね。なるほどぉ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宝物 | トップページ | 記録・資料を残しておけば、こんなにも混沌としなかったのでは・・・(記録・資料はあるのだろうけれど) »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ