« 平和を願っているつもりが、争いを、他者を貶める行動をしているかもしれない | トップページ | 大海の一滴 »

2017年2月 9日 (木)

ご家庭にひとつ手を合わせる場所を、一日のうちほんの数秒でいいから手を合わせる時間を

昨日、「西蓮寺聞法会」を開催致しました。
真宗の荘厳(お飾り)に則ったお内仏(お仏壇)を前にして、お内仏についてのお話。
すぐに話し終えてしまうかな、残りの時間は何を話そうかな?と考えていましたが杞憂でした。
皆さん関心があり、というか、お内仏についての疑問を聞ける人も場もないので、「お内仏の荘厳」のお話は興味深かったようです。聞法会の時間いっぱい、お内仏のお話で終わりました。

お話をしながらも、福井ご出身の門徒さんの、お内仏を大事にしている姿・想いに触れさせていただきました。
想いに触れさせていただきながら、かつて中越地震が発生したとき、ボランティアで炊き出しに行ったときのことを思い出しました。初日は炊き出しだけでしたが、翌日は、被災された方のお宅の、大きな家具の片付け・移動をお手伝いさせていただきました。
「うちに来ていただけますか?」と声をかけられ、その方のお宅にお邪魔すると、大きな揺れの影響で食器棚から飛び出した食器や、タンスから落ちてきたものなどで、家の中は物が散乱し、足の踏み場もありませんでした。視覚的に揺れの大きさを感じたものです。ところが、仏間に通されると、畳一畳分くらいの床の間に安置してあるお内仏の荘厳が、きれいに整えられていました。その美しさに目を奪われました。金箔や漆の塗りがきれいだったという話ではありません。大きな揺れによって家の中がひっちゃかめっちゃかな状態にあるにもかかわらず、先ず片付けられたのがお内仏であった。お内仏を、お念仏を、人生を大切にされているお姿に感動したことを覚えています。先ずお内仏を整えることによって、落ち着いて今何を為すべきか考えられていたことと思います。ご自身が大変な状況にあるのに、「来てくれてありがとう」と声をかけていただきました。素敵な笑顔の方でした。お元気でいらっしゃいますか?

家庭にひとつ、手を合わせる場があることの幸せよ。
北陸のご門徒のお姿から、そんなことを想います。南無阿弥陀仏

お内仏がない! お内仏を置くスペースがない! という方へ。
ご本山(東本願寺)のHP
-すべての人に、すべてのご家庭に御本尊のある生活を-

« 平和を願っているつもりが、争いを、他者を貶める行動をしているかもしれない | トップページ | 大海の一滴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和を願っているつもりが、争いを、他者を貶める行動をしているかもしれない | トップページ | 大海の一滴 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ