« 「それはいけないことですよ」という勇気 | トップページ | 大地にふれる 他力にふれる、大地に立つ 自力の限界に立つ »

2017年2月13日 (月)

ウキウキというよりドキドキ

2017年2月13日(月)
朝、テレビをつけたら、TBSテレビ「あさチャン!」で長崎の眼鏡橋のことを特集していました。
眼鏡橋のことというより、眼鏡橋護岸の石壁に、ハート型の石(ハートストーン)が埋め込まれているとの情報でした。

1982年(昭和57年)7月23日に長崎大水害が発生し、中島川の石橋群も被害を受けました。その修繕の際に埋め込まれたとのこと。昭和57年すぎの頃に、そんな洒落たことを考えてくださる方がいたのですね。
その水害を経験したもので、水害から復興の様子を、小学校の夏休みの自由研究で2年に亘って追いましたが、ハートストーンのことは知りませんでした。有名なスポットだそうですね。

「あさチャン!」の後、NHK[あさイチ」をつけたら、「老いた親の恋愛・結婚」がテーマでした。

いくつになっても、さまざまな経験を積んできても、いろいろな人を見てきても、恋に陥ると理性や常識を失うものなのですね。恋をするならば、恋するふたりだけの話ではないので、周りの人のことも考えて恋をしましょう

ふたつの番組、ハート ネタでした。
常々思っているのですが、「」の形って、立体デザイン的にかなり不自然な形ではないでしょうか。
頭ふたつの膨らみが重すぎて、落ちてしまいそうです・・・
ハートがこんな形なのは、恋や愛って、それだけ負荷がかかるものだということを表わしているのではないか

朝からそんなこと考えてました

« 「それはいけないことですよ」という勇気 | トップページ | 大地にふれる 他力にふれる、大地に立つ 自力の限界に立つ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「それはいけないことですよ」という勇気 | トップページ | 大地にふれる 他力にふれる、大地に立つ 自力の限界に立つ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ