« 君の名は? | トップページ | 「する」よりも「ある」 »

2017年2月 4日 (土)

鬼はうち(私)

節分…真宗の行事ではありませんが、大切なことを教えていただける行事です。
「鬼は外、福は内」というけれど、外に出ていった鬼は、どこに行くのでしょう? 自分の福は内のために、鬼は外を叫ぶ私。考えてもみれば、恐ろしい。
「私の頭につのがあった。つきあたって、折れてわかった」という法語があります。
自分の頭につのがあるなんて、誰も思いもしないことでしょう。でも、みんな つのを持っている。つの→鬼をイメージすると、怒りの表情をイメージする。誰もが怒りん坊鬼さん?
いえいえ、鬼もいろいろな鬼がいる。泣き虫鬼さん、欲張り鬼さん、威張りんぼ鬼さん、食いしん坊鬼さん…。私の中にも、たくさんの鬼さんがいる。
では、鏡を見ながら「鬼は外、福は内」? 鬼が出ていった私は、まるで私じゃなくなりますね。鬼を含みながらも私。で、少しでも福が入ってきてくれたら(他者への福こころが芽生えれば)いいですね。

「真宗では豆まきなんて、しない!」と突っぱねるのではなく、お孫さんと上記のようなお話ができるといいですね👹

« 君の名は? | トップページ | 「する」よりも「ある」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 君の名は? | トップページ | 「する」よりも「ある」 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ