« 「これから」が「これまで」を決める | トップページ | 鬼はうち(私) »

2017年2月 3日 (金)

君の名は?

中学生の頃からお世話になっている床屋さん。
昨日、今年に入って初めて床屋さんに行きました。
が、ずっとお世話になっていた店員さんが、昨年いっぱいで辞めてしまっていました。

今では見る影もありませんが、私の前髪は天然パーマでクルックルッ。後ろ髪は、上から下に生えているのは普通ですが、下から上に向いて生えているところもあって、かなりのくせ者です。しかも頭の形がボコボコで、私の頭は床屋さん泣かせです。
京都で学生生活を過ごしていたときも、何件か床屋さんを訪ねましたが、私の髪を手に負える方はいませんでした。なので、帰京の度に、そのお店に通っていました。

店長の腕もいいので、昨日は店長がカットしてくれました。でも、その店員さんが辞めてしまい、明らかに疲労の色が店長の顔に表われています(長いこと店長とその店員さんでお店を守っていました)。

それだけよくしていただいた店員さんなのに、名前も連絡先も知りません。
御礼を言いたいし、もし同じお仕事を続けているのなら、またお世話になることもあるかも(店長は、多くを語りたくなさそうだったので、あえて尋ねませんでした)。
長いことお世話になりました。ありがとうございます。

皆さんも、仲良しの店員さんとか、毎朝挨拶を交わす方とかいませんか? でも、連絡先までは知らない。もしそういう方がいるなら、連絡先のやりとりをしておいてはいかがでしょうか? 
いつまでも、いてくれると思いがちだけど、お別れのときは不意に訪れます

« 「これから」が「これまで」を決める | トップページ | 鬼はうち(私) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「これから」が「これまで」を決める | トップページ | 鬼はうち(私) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ