« ネコの手も借りたい(いえ、借りている) | トップページ | 実際に罪を犯した者も、頭の中で考えた者も、罪としては同じなのだと想います。そういう重さを背負って生きています。 »

2017年2月26日 (日)

人知れず 表現し続ける

2017年2月25日(土) Eテレにて 23:00~0:00 放送
ETV特集「人知れず 表現しつづける者たち」視聴

正規の美術教育を受けていない人々が創る独創的な美術作品=アール・ブリュット。日本各地の作家たちの暮らしと創作の現場に分け入り、作品がもつ圧倒的な力の秘密に迫る。

「アール・ブリュット(生の芸術)」正規の美術教育を受けた経験のない人々が創る、何ものにもとらわれない独創的な美術作品のことで、近年世界的に注目が集まっている。担い手の中には知的障害や精神障害のある人も多く、作品はなかなか世に出てこないが、圧倒的な迫力に満ちている。誰のためでもなく、黙々と表現し続ける人たちが放つ凄(すご)み日本各地の作家たちの暮らしと創作の現場に分け入り、作品がもつ力の源泉に迫る
(NHKホームページより)

表現したものは、「評価されたい!」「誰かのこころに響かせたい!!」などという想いが湧いてしまう。
けれど、彼らは違った。表現したいから表現しているのだ!!
あれ?私も、表現したいから表現していただけのはずなのに。自分の中のひっかかりは、反応を求めていた故なのだろうか。
テレビに映っていた作品と、和かな彼らの表情が、なんとも言えず、いいなぁ・・・
「人知れず 表現しつづける者たち」というタイトルにも、惹きつけられました。
 

« ネコの手も借りたい(いえ、借りている) | トップページ | 実際に罪を犯した者も、頭の中で考えた者も、罪としては同じなのだと想います。そういう重さを背負って生きています。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネコの手も借りたい(いえ、借りている) | トップページ | 実際に罪を犯した者も、頭の中で考えた者も、罪としては同じなのだと想います。そういう重さを背負って生きています。 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ