« 生きているということ | トップページ | 久寿 »

2017年1月18日 (水)

名前は記号ではない

報道で被害者 加害者の名前が出ることに違和感を持っています。
未成年者が罪を犯したときに、その実名報道が問題視されることはあります。けれど、年齢に関係なく、「被害者 加害者の名前が出ることに違和感がある」と書くと、「なんで?」と思われるかもしれません。

東本願寺真宗会館発行の「サンガ」(№142 2016年7月1日号)で、森達也さんが、実名報道について触れていました。

(前略)つまり匿名報道だ。中国だけではない。韓国やヨーロッパの多くの国においても、このルールは守られている。ほとんどの事件において、固有名詞は報道されない。だから初めて日本に来た外国人の多くは、ニュースで実名が晒されることに驚いたとよく口にする。 なぜなら被害者の名前や顔を知ることに、公共的な利益はまったくない。むしろ遺族や本人を傷つける。さらに加害者の名前も出さない理由は、裁判で有罪と決定するまでは無罪として推定され、そのように扱われねばならないとする無罪推定原則だ。容疑者という言葉が示すように、逮捕や取り調べの段階では、まだ疑いをかけられているレベルなのだ。ならば晒すべきではない。冤罪の可能性は常にある。その場合のダメージは取り戻せない。 無罪推定原則は、近代司法国家では大前提の原則だ。日本ももちろん同様だが、メディアはこれを守らない。なぜなら顔や名前を晒したほうが、視聴率や部数が上がるからだ。 (中略) 事件や災害の固有名詞を晒すことを当たり前としている国は、実は世界でも相当に少数であることくらいは知ったほうがいい。

オウムサリン事件で、被害者の一人が容疑をかけられ、さも犯人である、殺人犯であるという報道がなされたことを覚えていませんか? 結果、その方は犯人ではなく、マスコミも、無罪推定の原則に立つことを、そのときは誓っていたように見えました。しかし、現代(いま)もなお、疑わしくを罰する報道ばかりです。
しかし、名前を晒すのはメディアですが、それを求めているのは私です。実名報道に慣れた(それが当たり前)と思っている私は、実名報道を求め、物事の原因・理由を求める。それに、メディアも乗っかっている一面もあります。

昨年7月の相模原市の障害者施設で19人が殺害された事件の際、犠牲になられた方々の名前が公表されませんでした。そのことについて、「障害者差別だ」、「いえそうではない」などというやりとりがありました。
私は、実名報道そのものに懐疑的だったので、名前が公表されないことは当たり前ではないかと思いながら報道を見ていました。

2017年1月14日(土)「東京新聞」朝刊の「あの人に迫る」というコーナーで、玉木幸則さん(ご自身も脳性麻痺を患い、手足と言語に障害を持ちながら、障害者の自立支援活動を長年続け、NHK Eテレ「バリバラ」に出演されています)をを取材をされていました。
「亡くなった19人の実名が公表されなかったことを、どう考えますか」という質問に、次のように応えられています。

僕は実名報道に意味はないと思っています。障害のない人が殺された時でも、遺族からしたら「言わんとってくれ」「何で名前を出さなあかんの」と思っているはず。でも、そのまま名前が報道されてしまう。ところが、障害者が犠牲になった今回の事件は、遺族が「名前を出さないで」と言ったから報道しないということになっている。名前を出してもいい人、あかん人がいる。そこが差別なんやないですか。

名前を出すのか出さないのかが議論の対象になった感があったけれど、問題はそこではない。事件の被害者が障害者だったので、そこで普段とは違う対応をした。そこに、差別性が潜んでいる、差別性が顔を現した、と仰っているように聞こえます。いわゆる健常者と言われる方々が襲われたのであれば、当たり前のように被害者の実名が報道されていたことでしょう。
「実名報道に違和感がある」といいながら矛盾した物言いになりますが、今の日本ならば、相模原の事件の被害者のお名前も、他の事件と同じように、実名報道されるべきだったのです。でもそれをしなかった。大義名分は「遺族が名前をださないでと言ったから」ということになっていますが。ここに、根深い差別性が表出しています。

森達也さんと玉木幸則さんのことばから、
「名前を知ろうとしながら、人を、いのちを見ていない私」ということを想いました。

« 生きているということ | トップページ | 久寿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きているということ | トップページ | 久寿 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ