« 濁世(じょくせ) | トップページ | 私が持っているサベツのこころ 阿弥陀の不簡の慈悲 »

2017年1月28日 (土)

教えを通しての出遇い

2017年1月26日~28日
真宗大谷派 東京教区 報恩講が開催されています。
本年の報恩講ご講師は、九州大谷短期大学の教授をされている三明智彰先生です。
昨日(27日)、ご法話を拝聴しに行き、その際、先生に挨拶をさせていただきました。
三明先生には、京都大谷大学時代にお世話になりました。私は、江上浄信先生と三明智彰先生から、親鸞聖人の教えをいただきました。おふたりの先生との出遇いがなかったら、今の私はないと、感謝申し上げます。
先生を囲んでの懇親会の後、同じく三明先生から教えを受けた東京教区の仲間たち4人で杯を酌み交わしました。この4人だけで呑んだのは初めてかもしれない。でも、先生を通して親鸞聖人の教えを受けた仲間どうし、ワイワイ語り合いながら楽しい時間を過ごしました。先生とのご縁、もっと言えば親鸞聖人との出遇いを通して出遇った仲間たちです。日常は、個々の人生・家族との生活を営んでいます。日々、個々それぞれが悩みや疑問を抱えながら生きています。にも関わらず、数年ぶりに顔を付き合わせたメンバーで、日常のように会話を交わせる。教えを通して出遇った仲間との再開は、懐かしさを越えた温かさがあるように感じます。なぜならば、そこに親鸞聖人が、南無阿弥陀仏のお念仏があるからだと感じます。南無阿弥陀仏

明日(28日)も真宗会館に行きます。またお目にかかりましょう!! とても楽しみです!!

« 濁世(じょくせ) | トップページ | 私が持っているサベツのこころ 阿弥陀の不簡の慈悲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 濁世(じょくせ) | トップページ | 私が持っているサベツのこころ 阿弥陀の不簡の慈悲 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ