« やわらか | トップページ | 優しさの中にいると、その優しさを忘れてしまう »

2016年12月 3日 (土)

サポートをすれば済むという話ではない

カジノ法案が衆議院委員会で可決された、と!?

「経済効果があるから」という人もいるけれど、世界のカジノを見わたすと、その周囲の経済が困窮しているのは目に見えていること。カジノの周囲に質屋がある国もある。ということは、依存体質に陥ってしまった人が、更に蟻地獄にはまる環境ができていくということ。

日本は、カジノは認めらていないけれど、公営競技(競馬・競輪・競艇・オートレース)が盛ん。カジノができる環境を、経済効果を見込んで開く意味もない。もしカジノで経済効果があるというのならば、公営競技がこれだけ盛んに行なわれている日本で、既にその経済効果があってもいいことになる。ないというのなら、カジノも同じことになるのでは。
経済的に潤うというのは、日本の「経済」ではなく、ある特定の数人の「経済」では?

何よりも危惧されるのが、依存症。
ASKAさんが覚醒剤使用の疑いで、2度目の逮捕をされました。
「またか、アホか」「弱い奴だねぇ」「こりない奴だ」と言った声を耳にしますが、依存に陥ってしまうということは、何度も繰り返してしまうということです。こころの強さとか弱さとか関係ありません。それに、周囲から烙印を押されてしまうと、それこそ逃げ場がなくなってしまいます。で、また手を染めてしまいます。
覚醒剤だけでなく、ギャンブル(賭け事)も同じでしょう。
覚醒剤の依存で苦しんでいる人を取り囲み、その人の車を破損し、タクシーに乗っているときの映像を垂れ流し、弱い奴だとののしる。これでは公のいじめです。
公のいじめがまかり通っている今の日本でカジノが解禁されたら、更に依存症に陥る人を増やし、更にいじめがエスカレートしてしまいます。
まったく因果関係もないし、たまたまと言われれば反論もできませんが、政治家が過ちを犯したとき、あるいは民衆に知られたくない事を為そうとするとき、そのタイミングで有名人の覚醒剤使用による逮捕劇が報道の中心となります。たまたま時が重なっているだけなのでしょうか? それとも、誰かが情報をリークするのでしょうか? 

カジノを実現させたい依存症にかかっている人もまた、その依存から抜け出せずにいます。

« やわらか | トップページ | 優しさの中にいると、その優しさを忘れてしまう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やわらか | トップページ | 優しさの中にいると、その優しさを忘れてしまう »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ