« 株に手を出すのに、特に危険な月 | トップページ | ことばを 君に »

2016年10月11日 (火)

ことば こころのはな

「ことばが通じる相手ではない」
「ことばで分かり合えれば苦労はない」
などと言われてしまうけれど、それが武器を手に取る理由になるのでしょうか?

「国民を守る義務がある」と言いながら、武器禁輸を解禁し、武器関連企業の株式を取得している為政者が、権力者がいる。
いのちとお金が天秤にかけられて、お金の方が重たい日本

作家の井上ひさしさんは、十年前に出された『子どもにつたえる日本国憲法』で、九条のこころを、こう書き表した▼<どんなもめごとも/筋道をたどってよく考えて/ことばの力をつくせば/かならずしずまると信じる…/よく考えぬかれたことばこそ/私たちのほんとうの力なのだ>。果たして、井上さんのこの言葉は、どれほど現実の世界に響くものだろうか▼そんなことを考えさせられるのは、コロンビアの内戦だ。半世紀に及ぶ戦いで二十二万もの命が奪われ、憎悪が世代を超えて増幅した。言葉より、暴力がものを言う世界だ▼コロンビア革命軍のロンドニョ最高司令官と和平交渉を進めたサントス大統領はその困難さを、こう語った。「三世代にわたる内戦が、我々から他の人に共感する力を奪った。そういう人々に、許すことを説かねばならない。平和をつくることの方が、戦争を始めるよりずっと困難なのだ」▼その困難さを裏付けるように、国民投票で和平は拒否された。しかし、ロンドニョ最高司令官のひと言に、救われる思いがした。「我々は平和を求め続ける。武器ではなく言葉だけを使う」と誓ったのだ▼ノーベル平和賞が、サントス大統領に贈られることになった。国民投票の結果からすれば、驚きの授賞だが、そこには、<ことばこそ/私たちのほんとうの力>との思いが込められているのだろう。 (「東京新聞」 2016年10月8日 朝刊 コラム欄「筆洗」より)

« 株に手を出すのに、特に危険な月 | トップページ | ことばを 君に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 株に手を出すのに、特に危険な月 | トップページ | ことばを 君に »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ