« ことば こころのはな | トップページ | ことばに夢をのせて »

2016年10月16日 (日)

ことばを 君に

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の最終週に、
花山編集長が、常子さんに感謝の意を伝えるために、
「常子さん、君に感謝を伝えるのに、原稿用紙が何枚必要だろう」ということばを手紙に遺されました。
そのセリフを聞いただけで、涙がボロボロ出てしまったのですが、
「とと姉ちゃん」の主題歌を歌っていた宇多田ヒカルさんの最新CDで、あらためて主題歌の「花束を君に」をフルコーラスで聞いていたら、
「どんな言葉ならべても
君を讃えるには足りないから」
とあって、そこでもまたドラマのシーンと重なり涙ぐんでしまいました。

曲は、当然朝ドラの放送が始まる前にできてますよね。
脚本は、ドラマの進行と共に書き進められます(それもまたすごいなと)。
で、最終週に
「君に感謝を伝えるのに、原稿用紙が何枚必要だろう」
というセリフが。
脚本の西田征史さんも、「花束を君に」を聞いて、このセリフを温めていたのかなぁと、想像しています(直接伺えるわけもないですが)。

どんなに言葉を並べても、
どれだけ原稿用紙があっても、
感謝の想いを伝えきることができない。
そんな“君”はいますか?
私には、います。

« ことば こころのはな | トップページ | ことばに夢をのせて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ことば こころのはな | トップページ | ことばに夢をのせて »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ