« ペンをとる(想いを残す・・・次の世代へ) | トップページ | 株に手を出すのに、特に危険な月 »

2016年10月 1日 (土)

2016年10月のことば

10月に入りました。
2016年も残り3ヵ月。まだ3ヵ月もあるのに、世間は年末への流れが加速していくように感じます(おせち料理の予約開始・年賀状の印刷受付・ハロウィン→クリスマス)。
「もう今年も終わりだね」モードは、まだ早いし、もったいない。2016年をしっかりと生きたい!!
「報恩講」(親鸞さままつり)もこれからだし(西蓮寺の報恩講は11月5日です

   

Dsc_1330
  もしある朝目を覚ますと、
  全ての人間が同じ人種、同じ宗教、同じ肌の色になっているとしたら、
  我々は正午までに
  別の偏見のタネを捜し出すことだろう
            ジョージ・エイケン(アメリカの劇作家)

「みんな一緒」は許せない
民進党の代表に決まった蓮舫氏に対して浴びせられた「二重国籍問題」。日本での生活を続け、既に国会議員としての活動を長く続けている人に対し、今更問われる問題なのでしょうか。それならば、国会議員の選挙に立候補した時点で、「確認しておきたいことがあります」と、確認作業があってしかるべきです。日本で国会議員になるためには、日本国籍を有することが条件ですが、「二重国籍は認められない」とは明記されていません。
しかし、本当は「二重国籍」が問題なのではないのでしょう。目立った活動をする者・地位や名声を手に入れそうな者に対するやっかみやバッシングのように感じます。自分に関わる歓迎し得ない事柄に対する嫌悪感・拒否感の表われが、暴力的になっているように感じます。
卓球の福原愛選手が、台湾の江宏傑選手との結婚を発表したときには「おめでとう」と祝福し、台湾との二重国籍を有する者が政党の代表選に立候補すれば、罵声を浴びせる。並べて考え合わせる内容でないことは承知していますが、表現し得ない気持ち悪さを感じます。
オリンピック・パラリンピックについても思うところがあります。報道では、メダルの色やその獲得数についてクローズアップします。しかし、「オリンピック憲章」では、国別のメダル数を競うことが目的ではないと定めています。クローズアップすべきは、メダルの色や数ではないのです。

〇金メダルを獲得する選手もいれば、テレビにも映らず、名前を知られることなく敗退する選手もいます。

〇競技中に転倒した選手を助け、共にゴールした選手達がいます。

〇突出した記録を持つ選手に追いつき追い越せとレベルアップに努め、その選手を脅かした選手・破った選手もいます。

〇今夏のリオ大会では、史上初めて、国という枠を越えて、 難民選手団として参加を果たした選手達がいます。

人種・宗教・肌の色・文化・国籍を越えて、スポーツを通して人間(いのち)の尊厳を見出し、平和な世界の確立を目指すことが、オリンピック・パラリンピックの目的です。メダルが目的になってしまうと、日本以外の国や地域の選手が、敵としてしか見えなくなります。差別の眼、日本選手の敵として見つめる眼で、2020年の大会を開催するのでしょうか。

差別について論じるということ
と、蓮舫氏の「二重国籍問題」で表出した差別意識が気になり、思うことを書きました。しかし、差別について論じる場合、何よりも気をつけなければいけないことは、書いている私自身が差別者に陥りやすいということです。
ジョージ・オーウェル(イギリスの作家・ジャーナリスト)のことばです。

ユダヤ人差別を論じたものの殆ど全てが駄目なのは、その筆者が「自分だけは」そんなものとは無縁だと心の中で決めてかかるからである。

「差別はよくない」「差別をする者は最低である」と言うそのときには、既に差別意識が私の中にあります。
私(西蓮寺副住職 白山勝久)は「反原発」「反安保法」の意見を持ち、デモに参加しています。しかし、私は原発のある生活を享受してきました。ひとたび戦争が起こり、私の愛する人が殺されれば、その相手を殺したいと思うことでしょう。平和を望みながら、争いを起こす我が身です。それに、私、あるいは私に近い人間が原子力発電所に勤めていたならば、訴える内容も変わることでしょう。人間は、立場・環境・時代が変われば、考え方も主張も変わります。意見を異にする者に我が身を置き換えたならば、私は今とは違う意見を言うに違いありません。
みんなで仲良く手をつなぐことができればいいけれど、簡単なことではありません。なぜならば、ひとり一人が、それぞれの人生を生きているのですから。しかし、だからこそ、仲良くありたいという想いも湧いてくるのでしょう。
同じ人種・同じ宗教・同じ肌の色になることによって価値観を共有できるのではありません。違う人種・違う宗教・違う肌の色、違う国籍・違う文化を生きているからこそ、目の前にいる人と、尊い人間(いのち)として出遇うことができるのです。

   

掲示板の人形
Dsc_0451
陶器製のピエロとウサギの人形です。

今月のことばは、文章が長かったですね。
ことばは私が選び、文字は住職が書いてくれています。長い文章なのに、掲示板の空間にきれいに収めてくれて感謝です

« ペンをとる(想いを残す・・・次の世代へ) | トップページ | 株に手を出すのに、特に危険な月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペンをとる(想いを残す・・・次の世代へ) | トップページ | 株に手を出すのに、特に危険な月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ