« むのたけじさんを偲ぶ会 | トップページ | 2016年10月のことば »

2016年9月30日 (金)

ペンをとる(想いを残す・・・次の世代へ)

その戦争は、昭和十六年に始まり、昭和二十年に終わりました。それは、言葉に絶する暮らしでした。その言語に絶する明け暮れの中に、人たちはやっとぎりぎり生きてきました。 親兄弟、夫や子、大事な人を失い、そして、青春を失い、それでも生きてきました。 そして昭和二十年八月十五日、戦争はすみました。まるで うそみたいで、ばかみたいでした。 それから、二十八年がたって、あの苦しかった思い出は、一片の灰のように、人たちの心の底ふかくに沈んでしまって、どこにも残っていません。 いつでも、戦争の記録というものはそういうものなのです。あの忌まわしくて、虚しかった戦争の頃の「暮し」の記録を私たちは残したいのです。あの頃、まだ生きていなかった人たちに、戦争を知ってもらいたくて、貧しい一冊を残したいのです。もう二度と戦争をしない世の中にしていくために。もう二度とだまされないように。 どんな短い文章でも構いません。ペンをとり、私たちの元へお届けください。 NHK朝の連ドラ「とと姉ちゃん」2016年9月27日放送分より

戦争体験を次世代に伝えたいという、編集長花山さんの願い。
戦後70年が過ぎ、先の大戦を知る方々は数多くお亡くなりになり、国会議員の中に戦争を知る者がほとんどなく戦争を賛美すらする現状。それに抗ういのちが芽生え初めてもいるが、そうでない勢力も日々力を増している。
しかし、戦争が終わって30年に満たない時代でも、既に風化が始まっていた。実際に戦地に赴いた花山さんが、愚かで虚しい戦争であった、あの記憶を忘れてはいけないと、残されたいのちがあと僅かであることを承知で、戦争経験者の声を聞き、雑誌に編集することに努める。
本当に、戦争はいけないと、愚かだということを伝えんとされた。風化している危機感を、戦後30年にして感じられたのですね。それならなおさら、70年を過ぎてしまえば、風化どころか、過去の出来事、あるいは、「日本が世界大戦で戦争したなんて、そんなことあるわけないじゃん」と思われる時代を迎えていることは、ある意味当然のことかもしれない。

でも、でも、人が人を殺していい理由なんてない。国と国が争っていい理由なんて、あるはずがない。
東日本大震災により、福島第一原発の事故が起き、「原発は危険だ」「原発は廃止すべきだ」という気運が高まってきた。しかし、「電力のためには、原発も必要だ」という声も根強くある。
その頃にブログで書いたが、「電気のためには、原発も必要だ」ということは、多少の犠牲は仕方がないと言っているようなもの(そういうことを言う人は、自分が「犠牲になる人」には入っていない)。「電気のためには、原発も必要」という発想でいうと、「平和のためには、戦争もやむなし」ということがまかり通ってしまう。「日本国民を守るために、闘うのは当然でしょ」という発言を、誰もが違和感もなく発している現代(そういうことを言う人は、自分が戦地に赴くなど、思ってもいない)。

原発同様、便利な生活を享受するために、危険なもの・ことを肯定する思想が、そのまま「平和のため、自国を守るためには、戦争やむなし」という発想に繋がっている気がする。恐ろしい世の中。

二度と戦争は起こしてはいけない。そのための努力を、忘れてはいけない。

« むのたけじさんを偲ぶ会 | トップページ | 2016年10月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« むのたけじさんを偲ぶ会 | トップページ | 2016年10月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ