« むのたけじさん、ありがとうございます | トップページ | 子どもを守る者はすべてを守る。 »

2016年8月26日 (金)

人を見ず、メダルを見る

リオオリンピック閉幕
(マスコミは「次は東京オリンピック!」と浮かれていますが、次はリオパラリンピックです!!)

体操の内村航平選手が金メダルを獲得しました。
内村選手と金メダルを争ったオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)選手。最後まで内村選手を引き離し、金メダル獲得か!と思われました。
最後の種目鉄棒で内村選手が逆転したわけですが、その逆転劇から「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」と、競技後の会見で内村選手に質問するインタビュアーに向けて、オレグ・ベルニャエフ選手が怒りを表わし、
「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」
と、質問を一蹴しました。
また、「内村選手は、競泳界のフェルプス、陸上界のボルトのような存在です」と言われたとも聞いています。

金メダル確実と思われていたレスリングの吉田沙保里選手が決勝で敗れました。
吉田選手を破ったアメリカのヘレン・マルーリス選手は、吉田選手との対戦を想定し、研究を重ねたと言われています。

世界のトップで争う選手から、尊敬される、目標とされる。
それほどの選手が、日本にもいるということ。その選手の競技を現実に見ることができるということ。
それだけでも素晴しいこと、感動的なことだと想います。

どうして吉田選手が「銀メダルで申し訳ない」「取り返しのつかないことをした」などということを言わなければならないのか・・・結局、メダルの色、メダルが取れたか否か、でしか見ていないということの表われなのでしょうか。
他にも、メダルを取れなかったことを謝る選手や、銅メダルや銀メダルであったこと(金メダルを取れなかったこと)を詫びる選手もいました。見ている側も、「応援していたのに」「金メダルを逃しやがって」というような感想を書く人もいます。「あの演技がまずかったね」「敵が上手だったね」「相手の競技も素晴しかったね」など、試合・競技・演技を見た感想を述べるのなら、「試合(競技・演技)をちゃんと見ていたんだな」と思いますが、メダルの色や獲得の有無を述べるコメントには、試合(競技・演技)を見ていたのかな? 見逃すなんて残念なことをしたね。と思ってしまいます。

「人間の価値を計るものは、テストの点数や、仕事の業績なんかではない」というような言い方をよく耳にしますが、点数や業績でしか人を評価しない眼がこびりついているようです。
もったいないことです。


« むのたけじさん、ありがとうございます | トップページ | 子どもを守る者はすべてを守る。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« むのたけじさん、ありがとうございます | トップページ | 子どもを守る者はすべてを守る。 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ