« 京都散策 | トップページ | どっちがゲットされているのだろうか »

2016年7月24日 (日)

唯円上人 お寺参り

2016年東本願寺夏安居では、『教行信証』「証巻」と『歎異抄』を学んでいます。
『歎異抄』の講義において、その著者とされる唯円上人についてのお話を、講者の三明智彰先生からいただきました。
現代では当然のように『歎異抄』の著者として名前が挙がる唯円上人。しかし、著者名が書いてないため、本当に唯円上人が著者なのか、いまだにハッキリと言い切ることができません。『歎異抄』にお名前が出てきて、その内容と重ね合わせて、「おそらく唯円上人であろう」と言われているのが現状です。
また、唯円上人自身、詳しい記録が残っておらず、謎の多い人物です。師 親鸞聖人に似てますね。

その唯円上人が開基とされるお寺は、茨城県河和田の報仏寺さまです。
私も、それくらいのことは知っていましたが、唯円上人が晩年に奈良で過ごされ、命終を迎えた説もあることは、今夏の安居にて初めて教えていただきました。

2週間の安居生活の中、唯一の休日。奈良県吉野郡下市町下市にある立興寺さまに、お寺参りに行ってきました。
京都駅から約2時間30分。お寺に辿り着きました。
浄土真宗本願寺派 恵日山 東坊 立興寺
立興寺の寺号は、蓮如上人から賜ったと伝わっています。

お寺に着いて、本堂の前で合掌 南無阿弥陀仏
唯円上人のお墓への案内があり、お墓へ。手を合わせ、南無阿弥陀仏。
お参りをさせていただき、帰ろうとしたところ、丁度ご住職に会い、本堂に通され、唯円上人のこと、お寺の縁起等々、丁寧なご説明をいただきました。突然お邪魔したのに迎え入れていただきまして、ありがとうございます。

Dsc_1212_3

Dsc_1205_2

Dsc_1206_2

著者が誰であれ、『歎異抄』は親鸞聖人の書物ではないのだから、「親鸞聖人の教えを伝える書としていかがなものか」と言う方もいます。
しかし、教えは説く人がいるだけでは成り立ちません。聞く人がいてこそ、教えは教えとして伝わります。
お釈迦さまの教えも、親鸞聖人の教えも、説く方と聞く人がいて、そこに感動が生まれ、後に伝わります。
『歎異抄』を眉間にしわを寄せて読むのではなく、親鸞聖人に出遇って、喜び・感動を得た人が書いたものだと想いながら読んでいただけたらと思います。そういう意味では、どのお聖教もそうです。一言一句、辞書的な意味を考えながら読むのではなく、教えに出遇ってその感動を著されたものとして、私が今読むご縁をいただいた。そんな感動を持って、教えに向き合いたいと思います。

« 京都散策 | トップページ | どっちがゲットされているのだろうか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都散策 | トップページ | どっちがゲットされているのだろうか »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ