« 叩けばホコリの出る身 | トップページ | 感 »

2016年4月18日 (月)

「平成28(2016)年 熊本地震」により被災されました皆様 お身内の方に お見舞い申し上げます

「平成28(2016)年 熊本地震」により被災されました皆様 お身内の方に お見舞い申し上げます。

2016年4月14日(木)午後9時26分頃 熊本県にて震度7の地震が発生
子どもと共に寝ていた私に、妻から「熊本で震度7だって!」の声。
寝ぼけた頭の中で「震度7?」と考え、「震度7って、阪神淡路大震災じゃん?」と、京都にて経験した揺れを思い出しつつ「震度7!!」と驚きに変わり、飛び起きました。
テレビは熊本の震災を伝え、スマホからは警報音が鳴り響いていました。

落ち着いてテレビを見つつ、「こんどは九州か!!」と思いました。
関西 新潟 東日本 九州
近いうちに大きな地震が起きるだろうと言われ続けている東海や関東を避けるかのように、大震災が起こります。しかし、震災は点で起きているのではなく、日本という面で起きている事象です。同じ日本で起きている現実です。

善か悪か、白か黒か、敵か味方か、右か左か、するかしないか・・・あらゆる事柄・思想・決断等々を、二項対立で考える癖がついてしまっている現代日本人。
「被災された方々と被災していない人々」、つまり、「支援される人と支援する人」で物事を見てしまう。
でも、熊本とか九州という、地点で起こっている出来事ではなく、この日本で起きていること。「支援される者とする者の関係」ではなく、「誰もが震災(に限りませんが)被害を受ける所に立っている者」なのだということを忘れてはいけないと思います。

被災していない方々は、つまり、支援する側です。「支援しなければ!!」とはやる気持ちは分かりますが、日本に住んでいることを考えれば、自分もまた支援を受ける側に立つかもしれない身です。支援する側でもあるし、支援される側でもあること。二項対立で考えきれない現実があります。いえ、二項対立で考えられないのが現実です。想像(イメージ)するということ。今、どのような気持ちか。今、何を必要としているか。今、誰にそばにいてほしいか。被災していても、していなくても、イメージをすることは、誰もが出来ることです。

大きな地震が続き、被災された方々は、避難所に集まっています。
その姿を見て、「?」と思った方もいると思います。屋外に避難されている姿です。
「屋内に避難しないで、どうして屋外に避難しているのだろう?」と思いませんでしたか?
あれだけ大きな揺れが続くと、屋内・建物の中にいるのは恐いのです。いつ崩れるか、生き埋め・下敷きになるだろうという恐怖心が身心を支配します。だから、夜まだ肌寒い季節でも、屋外避難、あるいは車中避難をされているのです。
被災していない者目線で見ると、「どうして屋内に避難しないの?」と感じてしまいますが、恐いんです。避難所で、屋内に避難されている方々も、出入口に近いところから人が埋まると聞きました。すぐに逃げ出せるよう、少しでも出入口に近いところに身を寄せたいんですよね。
そういうことが想像できないから、「青空避難を解消するように」と、言ってしまうんです。「避難しているのに、どうして屋外にいるんだ! 屋内に避難しろ(させろ)!」ではなくて、「どうしてみんな屋外にいるんだ? どうしてだろう?」と考えなくては、自分の正義を押し付ける支援になってしまいます。そんな支援、したくないですよね。

自分の正義を押し付ける支援・・・
現場の交通がままならないことも忘れて(テレビで見ているのに)、支援物資を送ろうとし、配送業者が受付を停止している理由を話して断ると、「困っている人間がいるのに、支援物資を受け付けないとは何事だ!!」と苦情を言う人がいるとか(東日本大震災のときにも、同じような人がいて、文章を投稿したことがありました)。
支援の手をさしのべたい、被災地・被災者のために何かしたい気持ちは誰もが同じ。しかし、今は情報を待つときでもあります。人員が足りない中、支援物資だけが集まり、必要である人たちに届かなかったこと。洗濯もしてない古着を送りつける人がいること。いつもいつも課題として挙がることが、今回も起きつつあります。
支援は、しないよりかする方が良いに決まっています。遅いよりは早いほうが良いに決まっています。でも、今なのか? 何が必要なのか? 地震は落ち着いたのか? 被災地から離れた所にいる人間が、冷静に見なければ、人為的な二次被害を引き起こしてしまいかねません。 
ネットの普及で、情報がより早く、より深く知られるようになっても、現場の混乱を招くような支援をしては意味がない。あぁ、ここまで書いて分かりました。情報がより早く、より深く知られるようになったからこそ、早急に動きたくなるのかもしれませんね。
落ち着いて情報を収集していれば、
何が足りないのか、
何を必要とされているのか、
どんな団体が、何を目的として動こうとされているのか、
見えてきます。

すぐに動くことを非難しているのではありません。
すぐに動くことが出来る組織が、まずは動いてくださっています。
ボランティアは、まだ組織出来る段階ではありません。そのノウハウは、阪神淡路・中越・東日本大震災を経て培ってきました。必要とされるときがくるまで待たなくては、現地で本当に食料や生活用品が必要な方々の分を、ボランティアの人まで必要としてしまうということが、かつてありました。それでは本末転倒です。
必要とされたときにうぐに動けるように、スタンバイするべきだと思います。

被害が、少しでも少なく済みますように
人と人とが傷つけ合いませんように
日本の現実を、誰もが忘れませんように

« 叩けばホコリの出る身 | トップページ | 感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 叩けばホコリの出る身 | トップページ | 感 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ