« わたし何様なのさ | トップページ | 出遇い »

2016年3月18日 (金)

国谷キャスターありがとうございます

NHK「クローズアップ現代」が3月17日(木)、最終回を迎えました。
番組は1993年4月に始まったそうです。
番組の開始から番組を支えてきた国谷裕子キャスター、お疲れ様です。

あらゆるジャンルのテーマに取り組み、それぞれの専門家やコメンテーターに問いを投げかけてくださった国谷キャスター。頭脳明晰で視野が広くなければ仕切れないお役目だと思いますが、何かのインタビューで、体力作りが欠かせないと仰っているのをお聞きしました。お身体に不安がある中で、あの立ち居振る舞いはできません。
菅官房長官が「クローズアップ現代」のスタジオに来たとき、国谷キャスターは、「集団的自衛権」に対する国民の疑問を、官房長官に何度も尋ねてくださいました。感激・感動して涙ぐみながら見ていました。ありがとうございます。
しかし、官房長官は激怒、官邸はNHKにクレームを入れるという事態に発展しました。国谷キャスターは謝られたそうですが、そのような内容では決してありませんでした。また、クレームを入れる方もどうかしています。キチンと応えれば済む話なのに(それが出来なかったというわけでしょう)。

国谷キャスターのコメントです。
「長い間続けることができたのは多くのゲストや視聴者のおかげ」
「時代が大きく変化し続ける中で、物事を伝えることが次第に難しくなってきたが、今日という日を迎えて、自分の人生に大きな区切りをつけることができた」

「物事を伝えることが難しくなってきた」ということばに、現代日本の、いえ、世界の抱える問題・危機が込められているように感じます。
ものを言えば、ことばの槍が飛んできて、
もの言わなければ、一部の権力者が決めたことによって、戦地に行かされ、人を殺し殺されする時代になってしまいました。

国谷キャスター ありがとうございます。

4月4日から「クローズアップ現代+(プラス)」という名前で番組は続くそうです(毎週月~木曜 午後10時)。
新しいキャスターの皆さんも、体力付けて、番組を自分色で仕切ってください。

« わたし何様なのさ | トップページ | 出遇い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わたし何様なのさ | トップページ | 出遇い »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ