« 人に教えようとしたとき、間違うし、失言する | トップページ | いのちは 同じ重さ »

2016年2月22日 (月)

2月22日

2013年2月22日 真宗大谷派東京教区専福寺 二階堂行邦前住職が還浄されました。

今日は、二階堂先生が亡くなられてから3年目の2月22日でした。
先生が亡くなられ、想いをブログに綴ったのですが、自分では書いたことを忘れていました。が、先日ある方がそのブログをシェアしてくださり、私自身久しぶりに読み返すこととなりました。

二階堂行邦先生 「真宗聖典を毎日3ページずつ、お内仏の前で声に出して読んでいたときがあるんだ」

「あの人が生きていたら・・・」的に物事を考えるのは好きではないので、そんな振り返り方はしません。

先生との出遇いを通して、今ある自分。
どんな道を歩んできただろう。
今、どんなところに立っているだろう。
これから、どんな道を歩んでいくことだろう。

ふと、そんなことを想いました。
南無阿弥陀仏

« 人に教えようとしたとき、間違うし、失言する | トップページ | いのちは 同じ重さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人に教えようとしたとき、間違うし、失言する | トップページ | いのちは 同じ重さ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ