« 無意味な区分けから一歩踏み出す | トップページ | わたしが為すのではなく、為すところにわたしがいる »

2015年12月16日 (水)

解釈の違い

「女性は、入浴時間が男性と比べて長い」と聞いて、何を思われるだろう?
 女性はお風呂が好きなんでしょう
 男性は烏の行水が多いから
 女性は丁寧に体を洗うからでしょう そんなところでしょうか

このように思った方はいるだろうか?
「女性は、入浴時間が長くなるほど汚れているのか!」と。

(参考)

東京新聞 朝刊コラム「筆洗」 2015年12月7日より
哲学者の土屋賢二さんが女性の入浴時間について、書いている。「(女性は)男性の数倍の時間をかけて入念に洗うのが普通である」。そういう現象はあるだろう。こう続く。「女はそこまで汚いのか、と思う」。読んで、噴き出す。そんな解釈もあるのか

 
女性の方が入浴時間が長いと聞かされたとき、より汚れているからなどとは、あまり思わないのではないか。でも、思いは人それぞれ。いろいろな想い・解釈があることは当然。それにしても、「そんな解釈する!?」と驚くこともある。

今日、ひとつの文章に対して、妻と意見が割れた。喧嘩にはならなかったけれど、お互い相手の言っていることが飲み込めない。あぁ、こうも解釈が違うものかと思ったものです。
あらためて、解釈って人によってちがうものだなぁと思った。で、先のコラムを思い出しました。
「そこまで汚いのか、と思う」なんて思うかな? と、笑いながら読んでいたけれど、自分の解釈もおかしかったかもしれない。他人事(ひとごと)ではない。

噴き出して、笑い話ですむ内容ならいいけれど、
現代(いま)の日本、もはや笑い話で済まないことが、「解釈」の違いでまかり通ってしまっている。恐ろしい・・・

« 無意味な区分けから一歩踏み出す | トップページ | わたしが為すのではなく、為すところにわたしがいる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無意味な区分けから一歩踏み出す | トップページ | わたしが為すのではなく、為すところにわたしがいる »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ