« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月 2日 (金)

2015年10月のことば

10月1日は肌寒い一日でした。2日は暖かくなるそうです。体調崩されませんように。
2015年も残り3ヵ月もあるとはいえ、もう来年の予定を立てる時期になりました。
丁寧に生きたいなと思う今日この頃です。
このブログも、ほとんど寺報のアップばかりになってしまいました。申し訳ありません。ご本山発行の「同朋新聞」内「時問自問」5人の執筆陣に選んでいただきました。9月号で初めての原稿を載せていただきました。次は、2016年2月号の予定です。「同朋新聞」毎月お楽しみに!!
以下、2015年10月の寺報です。

   

2015年10月のことば
 ただひとすじに聞く
  そこから世界は開かれる

Dsc_0742

平和を求めながらも争う衆生
 今、世間で溢れる声が、汚く、暴力的になっています。
 自分と意見が違う者に対する罵り。
 自我を通すための血の通わない甘い約束。
 匿名であることをいいことに発する誹謗中傷。

想いを口にすることができるのは、個人の想いをはき出すためにというよりも、本来、他者(みんな)のことをこころに留めているからではないでしょうか。たとえば、多くの人が「平和」を願い、想いを口にしていると思うのですが、その想いを表出する声が暴力的になってしまっているのはなぜでしょう? 平和を求めながらも争いを起こしている現実。人間に平和を築くことはできないのでしょうか?

話し合っても分かり合えない衆生
「話し合えば分かる」「話し合わなければ分からない」など、語り合うことの大切さをよく耳にします。
本願寺8世 蓮如上人は、語り合うことの大切さを、何度も言い聞かせるようにして説かれました。
四五人の衆、寄り合い談合せよ。必ず、五人は五人ながら、意巧にきく物なり。能く能く談合すべき
(「蓮如上人御一代記聞書」120)

仏法を聴聞して、聞いただけで家に帰ってしまっては、自分に都合の良いように聞いただけ、自分にとって都合の良いところだけを聞いて終ってしまいます。せっかく仏さまの教えに出遇えたのに、それではもったいないことです。
蓮如上人は、「仏法を聴聞したものは、4人いれば4人、5人いれば5人、みんなそれぞれに自分勝手に聞くものです。聞いて終わりではなく、自分の受け止めをよく語り合いなさい」とおっしゃいました。
自分のいただき(受け止め)を語り合うと、自分のいただきとは違ういただきをされている方がいることに気付きます。どちらが正しいかという話ではありません。同じ話を聞いていても、その受け止めはさまざまです。聞いた人の数だけ、いただきもあるのかもしれません。そこで、「自分の受け止めこそ正しい」という語り合いをしていては、他の方の話が耳に入ってきません。話を聞いているうちに、「あぁ、そういう受け止め方もあるのかぁ」と頷けるときがあります。「そういう受け止め方をされるということは、この方にはそう思わせる何かがあったのかもしれない」と、ことばを通して、目の前の人が見えてくることがあります。
仏法聴聞していたけれど、なにも聞こえていなかった。目の前に人がいることを認識していたつもりだけれど、なにも見えていなかった。語り合いを通して、今まで聞こえていなかったことが聞こえてくる、見ていなかったことが見えてくるということがあります。
「口がひとつで 耳はふたつ ちょっと語って もっと聞くため」という法語を聞いたことがあります。語り合うということは、聞き合うことなのかもしれません。話し合っても分かり合えないのは、聞くということが抜けているからなのですね。

いのちの声を聞く
次女(4歳)が家の中を裸足で歩いているとき、床とすり合って「ブッ」と音がしました。私はイタズラっぽく「オナラしたのだぁれ?」と尋ねました。すると娘は、「オナラじゃないよ、足の声だよ」と応えました。
次女は、無生物が出す音に対しても、「音」ではなく「声」と言います。「人形の声だよ」「カミナリの声がするね」「飛行機の声うるさいね」など。
娘の「足の声だよ」にハッとさせられます。お経にも、「音」と書いて「こえ」と読む読み方があるのです。「声」というと、わたしたちは人間が口から発するものと思い込んではいないでしょうか。しかし、動物の鳴き声も、生物ではないものが発する「音(おと)」も「音(こえ)」なのです。また、「亡き人の声に耳を澄ます」という言い方もします。亡き人は、物申せぬ者になったのではなく、遺された者が亡き人のことを想うとき、意志を継ぐとき、そこには亡き人の声が伝わっているのです。
「声」には、いのちや想いが宿っています。こころに響く何かがあります。わたしに何かを伝えようとしているのかもしれません。声を聞く、声に耳を澄ませることを通して、今まで自分本位で生きてきたわたしに、世界が開かれてきます。
聞くことに敬いや畏れがあれば、ことばが汚れ、暴力的になることもありません。

お念仏が聞こえてくる
平和を求めながらも争う衆生
話し合っても分かり合えない衆生
そんな悲しい現実(わたし)に向き合うとき、衆生の平和を願う声、分かり合えない衆生を憐れむ如来の声が聞こえてきます。
「南無阿弥陀仏」と念仏を称える わたしの耳に「南無阿弥陀仏」の如来の声が聞こえてきます。
一心に念仏もうす ただひとすじに聞く そこから世界は開かれる

   

掲示板の人形
Dsc_0738

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ