« 山門の修復完了しました | トップページ | 2015年8月のことば »

2015年7月15日 (水)

知らないうちに、いろいろなことが為されている

2015年7月15日(水) 
安全保障関連法案が衆議院特別委員会で可決
(戦争法案を衆議院特別委員会で強行採決)
ぜったいに忘れられない日になってしまった。
10本もの戦争関連法案をひとまとめにして、審議は尽くしたと採決に踏み切る。
そのこと自体が異常だけれど、しかしいったいアベ首相は何がしたいのか?を考えている。

戦争がしたいのは分かるけれど、その奥にもっと何かあるような気が。
祖父の想いを成就したがっているとは、よく言われるけれど、プライベートの話を国政に持ち込むなんて。

知らずにいたことがあります。
東九州自動車道
九州の東側を通る高速自動車道
あと一区間(220メートルほどの距離)で、前線開通するそうなのですが、その区間のみかん畑の持ち主 岡本栄一さんは土地の明け渡しを拒んできました。今も事業認定の取り消しを求める裁判は係争中です。にもかかわらず、2015年7月14日、福岡県はみかん畑の強制排除に踏み切りました。
公の利益になるということで、土地の所有権はNEXCO西日本(西日本高速道路株式会社)に移っているとのこと。そのいきさつも、強制排除も、そこに住む人を無視しています。
強制排除によって土地を奪うことがもたらす禍根は、成田空港建設の際に学んでいるのでは?と思いました。
この事実を知らず、岡本栄一さんには申し訳なく想います。
そして、強制排除の執行をしたのは福岡県ですが、高速道路を作るのは、国の事業。にもかかわらず、NEXCO西日本や福岡県(その土地の行政)に面倒を押し付ける姿は、原発の問題とかぶります。国は、安全に最善を尽くした上で、原発の再稼働を進めると言います。しかし、何か起きた際の避難指示や誘導、その計画や負担は、原発立地の県にゆだねています。
口では「責任をとります」と言いながら、責任を既に転嫁している政府。
口では「丁寧な説明で国民の皆様の理解を深めるよう努めます」と言いながら、強制排除 強制採決に踏み切る政府。
誰が信用できるのだろう? 信用されると思っているのだろうか?
どうして、自民党内から、「ちょっとおかしいですよ」「それでは国民の理解が得られません」と言える人間が出てこないのだろう。朱に交わることの恐さを想う。

私は戦争法案に反対ですし、強行採決を許せません。
しかし、安全保障関連法案が必要だと考える人もいるでしょうし、その人までも否定するつもりはありません。だって、争いあう相手ではありませんから。
でも、「絶対大丈夫です」「自衛隊のリスク拡大はありません」「より理解いただけるよう、説明を続けます」という言葉が信用できる相手ですか?。

数日前、「太平洋食堂」という舞台を見てきました。
日露戦争当時が舞台。
戦争が起こると、その利益で潤う者(潤おうとする者)が出てきて、行け行け!勝て勝て!と、人が人を殺す異常事態が、日常状態になってしまいます。ひとたび戦争が起これば、利益を享受する一部の権力者のために、多くのいのちが奪われていきます。
舞台を見ていて、その恐さを感じました。また、今の日本はまさに戦争に向かおうとしている。戦争が起きてしまうと、感覚が麻痺し、今は「人殺しはダメだ!」と叫んでいても、殺される前に・・・と思考が変わってしまう(思考が停止してしまう)に違いないと想いました。戦争は、人と人とが殺し合いますが、思考をも狂わせてしまいます。
鬼気迫るお芝居でした!ではなく、現実のように想えて恐ろしくなりました。
(舞台に関わっている皆様に感謝の観劇でした)

国立競技場の問題もそう
2500億円!?
予算額もひどいですが、冷静に考えてみる。
あの独特の形状ゆえに、とくに2本のアーチにお金がかかるという。
また、「初期の見積もり時より、人件費や物資が高騰しているため」と、予算の高騰化の理由を語ります。
それにしても、お金がかかりすぎていないか?
過去数回のオリンピックや、国内の施設の建築費は、数百億円。1000億円かかることすらないのに。
つまり、だれか私腹を肥やす仕組みになっているのだろう。某首相や某副首相に関わ業者が、すでに建築に関わっているという話も聞きます。それならば、やたら張り切っているラグビー大好きな某元首相も含めて、ひとり1000億円ずつポケットマネーから出して、「これを使いな! 釣りはいらないぜ!」くらいやってくれればいいのですが。
予算額もひどいですが、建築後の毎年の赤字が20億円という試算も。
赤字になると分かっているものを、世間一般ではなかなか手を出しません。国や行政も、普段なら赤字になるものに補助金など出さないのに、国立競技場や、みかん畑の岡本栄一さんが訴える「車が1万台も通らないのに公益上のことと言えるのか!」という高速道路には、ほいほいお金を出す。国民の利益のためではなく、一部のヒトの私腹を肥やすためにやっていることが見え見えです。
その延長で戦争をやられては、たまりません。
「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」ということですが、敵は国外にいるのではなく、国内にいることがよく分かりました。

私の文章を読んだ年配の方から、「副住職は今の日本に憂いていますね」と言われてしまいました。
いや、誰もが憂うべきときだと想うのですが・・・。
SEALDsをはじめ、若い方々が声を挙げてくださっているのが心強く想います。とともに、こんな状態にしてしまってゴメンね、と申し訳なく思っています。
選挙権を18歳に引き下げたのは、「政治に無関心な若者は、自民党に投票するだろう」という読みがあったと聞きます。しかし、無関心なのではなく、自分で考えています。若者たちの、最近の動きに、政府は危機感を感じています。施行は2016年6月19日になるそうなので、今、総選挙になっても18歳19歳の方々は投票できませんが、本当に自信があるならば、小泉さんの郵政解散のように、安全保障法案解散をすることもできたはず。それをしなかったのは、党内に反対者がいないからではあるけれど、今選挙をやったら勝てないという読みがあるから。つまり、国民の空気は感じてはいるようだ。
また、7月15日に強制採決に踏み切ったのは、60日ルールの余地を残すためとも言われている。
(憲法59条の規定。法案は衆院と参院がともに可決して成立するのが基本。しかし、衆院が可決した法案を参院が受け取って、60日以内に採決されない場合は、「否決された」とみなすことができる。その際、再び衆院にて3分の2以上の賛成で可決すれば成立させることができる)
参議院で何が起こるか分からない、つまり、油断は許されないと感じていることの表われ。
本当に国民のためを想い、国民に説明を尽くすつもりがあるのならば、もっと時間をかけられるはず。急ぐのは、自身がないから。
それとも、おじいちゃんの岸信介内閣が総辞職した日(1960年7月15日)に、まるで敵討ちかのように、安全保障法案を通したかったのだろうか。もしかしたら、それだけのために強行したのかもしれない。

白山勝久拝

   

2015年7月15日
真宗大谷派
安全保障関連法案の衆議院平和安全法制特別委員会における採決を受けて宗務総長コメントを発表

« 山門の修復完了しました | トップページ | 2015年8月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山門の修復完了しました | トップページ | 2015年8月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ