« 戦争は、頭の中の羅針盤をくるわせる | トップページ | 今すべきこと!! »

2014年12月 5日 (金)

果たして誰が“わいせつ”か

2014年12月3日、北原みのりさん(作家)と、ろくでなし子さん(漫画家)が逮捕されました。
ろくでなし子さんが、自身の女性器をモチーフにした芸術作品を作り、その作品のわいせつ性が高いと判断されてのもの。その作品を、都内のアダルトショップで並べていた北原みのりさんも逮捕された。

背景をしらない方は、上記の文章を読んだだけだと、「なに? そんなことしてたら、捕まっても仕方ないんじゃない?」と思うかもしれない。
けれど、自身の女性器を象って作品を作ること、それを陳列することで、果たして逮捕までされるだろうか?
あるいは、それらの容疑で逮捕されるのであれば、今の日本において、逮捕される人は数え切れないほどいるのではないだろうか。
子どもたちの目につくコンビニでは、「そんな絵・写真を表紙にしていいの?」と思われる雑誌が陳列され、ゴシップ記事盛りで女性のヌードが露わなタブロイド紙を電車の中で平気で広げる人がいて・・・逮捕されかねない人々が、日常ありふれている。

気になることは、北原みのりさんと、ろくでなし子さんが逮捕されたのは、上記の内容が原因ではないということ。
北原みのりさんは、安倍政権批判をずっと繰り返してくださった方です。
ろくでなし子さんは、やっと男女平等や共同参画が叫ばれ始めた今の日本で、そうはいっても男性中心社会じゃないの!?ということを、彼女なりの表現で訴えてくださっています。
おふたりとも、身をもって、現代社会の問題に立ち向かい、警鐘を鳴らしてくださっています。
そんな活動が、現政権にとっては、よほど鬱陶しいようなのです。
つまり、今回の逮捕は、表向きの理由ではなく、見せしめなのです。「僕をいじめたら、ただじゃすまないよ!!」という脅しなのでしょう。

このことは、誰の身の上にも起こり得ることなのです。
現政権批判したものは捕まり、表現の自由が検閲という形で奪われる。
そんな時代が、かつてありました。またそんな時代に戻りたいのですか? 戻したいのですか?
今回の選挙、よく考えて投票に行きましょう。
ちなみに、白紙投票は現政権を利するだけなのでやめましょう。

« 戦争は、頭の中の羅針盤をくるわせる | トップページ | 今すべきこと!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦争は、頭の中の羅針盤をくるわせる | トップページ | 今すべきこと!! »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ