« 感謝のメッセージ | トップページ | 2014年7月のことば »

2014年7月 1日 (火)

真宗大谷派声明(せいめい)

真宗大谷派 東本願寺より声明が出されました。
安倍晋三内閣による集団的自衛権行使容認に対する反対声明並びに宗務総長コメントを発表

   

こんな声を聞きます。
「憲法9条で平和が守れるなんて幻想だ。国を守るには、武力行使も必要だ」と。
憲法9条で守れない平和が、武力で守れるはずがありません。
いのちが殺し合う、武力で守る平和って何ですか?
武力行使は必要最小限・他国での戦闘に巻き込まれることはない・あらゆるケースを想定してなどと言うけれど、実際に戦闘が起きたとき、「あっ、これは想定外なので戦いません(戦えません)」など、そんな言い分が通るわけがないのが戦争。
集団的自衛権の行使容認の賛否について国民の間で議論が起きていますが、すでに「武器輸出三原則」が見直され、日本も武器の輸出に携わってしまっている現実があります。つまり、すでに戦争・戦闘に日本も加わっているということだと思います。他国の人を、いのちを奪っているです。やはり、武力行使によって自国の平和を守ろうというのは、筋の通らないことだと思います。

« 感謝のメッセージ | トップページ | 2014年7月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感謝のメッセージ | トップページ | 2014年7月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ