« ここから始めなければ | トップページ | 2014年8月のことば »

2014年7月27日 (日)

護美(ごみ)・・・美を護る

サッカーワールドカップブラジル大会にて、試合後に日本のサポーターが会場のゴミ拾いをして帰る姿が美しいと、賛辞が送られました。ニュースで見て、嬉しく感じました。

高校野球地方予選大会
試合後、応援席がゴミで散らかっているそうです。
自分の関係するチームの勝ちを願って応援して、競技場は汚していく。
いや、競技場は汚しながら、贔屓(ひいき)のチームを応援している、か。
身勝手な話です。

隅田川花火大会の後
見物客のゴミが散乱しているそうです。
きれいなものを見て、汚して帰るとはどういう気持ちなのでしょう?

もちろん、サッカー場にゴミを捨てて帰った日本人もいるでしょうし、
きちんとゴミをゴミ箱に捨てて帰る高校野球応援の方・花火見物のお客さんもたくさんいらっしゃることでしょう。
自分で出したゴミは、ゴミ箱に捨てるか、自分の家まで持ち帰りましょう。

« ここから始めなければ | トップページ | 2014年8月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここから始めなければ | トップページ | 2014年8月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ