« いなくならないあなたがいる | トップページ | 真宗大谷派声明(せいめい) »

2014年6月30日 (月)

感謝のメッセージ

6月30日・・・真宗大谷派における年度最終日。7月1日から新しい年度が始まります。
3期9年にわたって務めた教導。教導任期自体は、3月31日までなので、すでに任期は終えています。が、事業を計画した責任として、年度が終わるまでは気持ちが落ち着きません。任期が終わってからの4・5・6月は、不安定な日々です。
本日6月30日で正式にお役目を終える気持ちになります。長い間お育ていただき、ありがとうございます。
親鸞聖人の750回御遠忌を控え、教導任期中に「推進員養成講座」「親鸞聖人に人生を学ぶ講座」「宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要団体参拝」に関わらせていただきました。ご本山の御遠忌終了後も、東京教区や東京五組の御遠忌法要にお参りさせていただきました。生涯に於いて、親鸞聖人のおしえに出遇えるだけでも大変な出来事なのに、生涯で1度の御遠忌(50年ごとのご法要)に深~く関われたこと、有り難いご縁です。私の財産です。

そのような大事な時期に教導を務めさせていただき、
ご指名いただいた3人の東京五組組長(任命してくださった宗務総長と書くべきか?)、
頑固な教導に好き勝手させてくださった東京五組の御寺院の皆様方、
こんな私を頼りにしてくださったご門徒の皆様、
こころの底から感謝申し上げます。ありがとうございます。

思い返せば反省ばかりです。もっと良い方法で動けたのではないか、もっと別のことができたのではないか等々。
一番の反省は、いつの間にか前に出すぎていたこと。人に気付かれず、水面下で仕事をしてこそ、勤めを果たしているといえるのだと思いますが、意に反して、いつの間にか人前に出ていました。人と話すのも、人前で話すのも苦手なのに。任期中、お誉めいただくことは滅多になくても、お叱り・批判は多々いただきました。「あなたがいる間(任期中ということでしょうか?)は、五組の同朋会に出ない」「彼の企画した同朋会に出る必要はない」など。
任期中に辞すのは無責任なので、こころに留めながらも教導の勤めを果たしてきました。しかし、私が企画に関わったご法話の会が、たとえ東京ドームいっぱいの聞法者を集められたとしても(例えが極端ですか?)、その方お一人いないのならば、まったく嬉しくありません。それよりも、私がいないことでその方が仏法聴聞できるのであれば、幸甚であります。
ご安心ください。私の任期は終わりました。私も、親鸞聖人のおしえに出遇えた門徒の一人として、仏法聴聞の生活は続けさせていただきますから、そういう場に私が身を置くことくらいはお許しください。
新しい役員(4月1日から動き出しています)は、酒井義一組長・坪内秀樹教導と、長きにわたり、ご自坊だけでなく、東京五組や東京教区の枠を超え、親鸞聖人のおしえを伝えるために一生懸命活動されている方々です。きっと人間味のある、温かい場をつくってくださいます。今まで私が遮ってしまっていた仏法聴聞の生活をしていただけたらと思います。
教導の任を終えること・・・それが私の教導としての、最後の仕事です。
ご指導いただいた皆様、ありがとうございます。
東京五組のアジャセ(若手)のみんな。私の無茶振りに応えつづけてくれてありがとう。私が教導として暴走できたのは、みんながいてくれたからです。なんの心配もなく事業を推進していました。すばらしい仲間に巡り会えました。感謝です。これからもよろしくね
そして親鸞聖人に感謝申し上げます。あなたのおしえに出遇えてよかった。南無阿弥陀仏
2014年6月30日 東京五組前教導 西蓮寺副住職 白山勝久(法名 釋勝願)記

« いなくならないあなたがいる | トップページ | 真宗大谷派声明(せいめい) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いなくならないあなたがいる | トップページ | 真宗大谷派声明(せいめい) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ