« めちゃくちゃ腹が立った話 | トップページ | 2014年6月のことば »

2014年5月19日 (月)

心底腹が立ってきた話

1972年5月15日、沖縄 本土復帰

2014年5月15日、安倍首相は、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を検討する考えを示した。
恐ろしいことが、平然と行われている。怒りと恐怖を感じています。

集団的自衛権行使の理由として、安倍首相や行使容認派は、「日本を取り巻く環境が急激に厳しさを増しているから」と言う。
怒りや反発は、蓄積されて爆発する場合もあるけれど、たいていは瞬発的に起こるものです。自分のことを思ってみてください。嫌なことをされたら、そのときに怒りが込み上げる。相手が嫌がることと分っていながら、それをして、怒られたこともあるでしょう。「急激に厳しさを増している」? 厳しさを増すと分っていながら、最近急激に相手を刺激していないだろうか。

我が身を守る(我が国を守る)ことを理由にするためには、敵国を作ることがもっとも近道。
私たちは、近隣の国々の何を知っているというのだろう。政府の、マスコミの誘導に、いとも簡単に流されてはいないだろうか。

集団的自衛権を行使する条件を6つ挙げ、「限定的に行使するものである」「戦闘に参加することは決してない」というけれど、ひとたび戦闘に加われば、こちらの言い分なんて聞いてもらえるわけがない。“限定”などありえない。

「集団的自衛権の行使が戦争に結びつくなんて、発想の飛躍じゃないですか?」という声を聞いたことがある。発想の飛躍? 私は、発言主の想像力の欠如を嘆く。
2014年5月15日の安倍首相の会見は、「集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更を検討する考えを示した」ものであり、確定したもの、決定したものではないのかもしれない。しかし、私は想う。この会見は、宣戦布告と受け取る者もいるだろうと。政府やマスコミは、近隣諸国のきな臭さを醸し出すが、国と国との争いは、そう簡単には起こらないだろう(起きてしまうときは、よほどの時であり。もはやどうしようも無いときかもしれない)。危惧すべきはテロ組織。日本の首相が会見でこんなことを言っている。そのことは、会見の内容がたとえ確定・決定したものではないにしても、テロ組織にしてみれば、ターゲットとして日本が名乗りを挙げたものと映ったのではないだろうか。
「それこそ発想の飛躍ですよ」と笑われるだろうか。

現在の日本国憲法が時代にそぐわないと言うけれど、戦後からこんにちまで、この憲法の元で平和な世の中を築いてきたじゃないか!! 今まで通り、この憲法のままで、日本の、世界の平和を築いていく努力をすればいいじゃないか!!
と、思っていたけれど、戦後からこんにちまで、この憲法の元にありながら、平和を感じられずに来た地域・人々がいました。沖縄と、沖縄に住む人々でした。戦時中も、戦後も、本土復帰後も、こんにちに至るまでも、悲しくつらい思いをしている人々がいる。悲しくつらい思いをさせてしまっているわたしがいる。
憲法が時代にそぐわないどころか、いまだに憲法の元で生きていない国なのでした。にもかかわらず、その憲法を変えよう改めようなんて、わたしたち自身が、平和にそぐわない生き方をしていました。

数年後、2014年5月15日が分岐点となるような気がしてなりません。もちろん悪い方への。

« めちゃくちゃ腹が立った話 | トップページ | 2014年6月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« めちゃくちゃ腹が立った話 | トップページ | 2014年6月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ