« お念珠① | トップページ | 2014年4月のことば »

2014年3月31日 (月)

お念珠②

お念珠は左手に持ちます。なぜ左手か?
インドの方は、右手で食事をとったり、握手を交わしたりします。浄なる手です。
左手は、大きい用を足したときに、左手に水をつけておしりを洗います。不浄なる手とされます。
その、不浄なる手ゆえに、左手に仏具であるお念珠を持ちます(清めの意味があるのでしょうか?)。
でも、仏具ゆえに、浄なる手、右手に持つべきじゃない? と問われると、「そうとも考えられますね」と思ってしまいます。(すみません。そういう意味で、左手にお念珠を持つ意味を、自信を持ってはお応えできません)

さて、南無阿弥陀仏とお念仏を称えるときに合わさる手ですが、
浄なる手 右手と、不浄なる手 左手を合わせることになります。
このことは、浄なるものと不浄なるものが一緒になるなんて、「有り得ないことが起きた!!」ということを意味します。
(最近、坊先輩僧侶がよく語っているので、ここで紹介させていただきました)

お念仏を申すということ…人生において、お念仏に、阿弥陀さまに、おしえに出遇えたという喜びのポーズなのですね。
宗派によって、手を合わせるときのお念珠の持ち方は違うのですが、真宗では、手を合わせたときに、お念珠は両方の手に通しています。浄も不浄も一緒…朋なる姿を表現しています。

さて、浄とはなんでしょう? 不浄とはなんでしょう?
合わさるはずのないものが合わさるとは、何を意味しているのでしょう。
私の手が、あらゆる世界を表現してくださっています。
南無阿弥陀仏

« お念珠① | トップページ | 2014年4月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お念珠① | トップページ | 2014年4月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ