« つもった雪 | トップページ | 梅かおる春 »

2014年2月27日 (木)

つばきの葉

ひとつの花のために
いくつの葉が
冬を越したのだろう
冬の風に磨かれた
椿の葉が 輝いている
母のように
 輝いている
       (星野富弘)

寺報へのお礼のお葉書をいただきました
ありがとうございます
上記の星野富弘さんの詩が書いてありました。

母は
わたしひとり守るために
何年も何年も 何回も何回も 冬を越え
どんなにか冷たい風を身に受け
生きてきたことだろう。
椿の葉が 冬の風に磨かれて 母のように輝いている

« つもった雪 | トップページ | 梅かおる春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つもった雪 | トップページ | 梅かおる春 »

フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ