« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月26日 (火)

秘密裏に、声が挙げられない世界が構築されている

「特定秘密保護法案」 衆院本会議で採決が行われ、賛成多数で可決され、参院に送付された。
「国民には直接関係のない法案」などと言う自民党の議員もいるけれど、関係ないわけはない。
情報漏洩した公務員への罰則強化の法案というけれど、
ネット上では、安倍首相・森まさこ少子化担当大臣のFacebookへの「特定秘密保護法案」への反対コメントが削除されている。かつて、民主党政権時に自民党が掲げた「ウソつかない。 TPP断固反対。 ブレない。」の看板の写真をアップしたブログやFacebookから、その投稿が削除されたこともあった。
「特定秘密保護法案」も問題だけれど、今すでに、権力者にとって都合の悪い声がかき消されている(誰がやったのか、私には知る由もありませんが)。すでに国民に対する口封じが行われている。
恐ろしい時代に突入してしまっています。


   

2013年11月27日
真宗大谷派
内閣総理大臣への「「特定秘密保護法案」の廃案に関する要望書」提出について

2013年11月17日 (日)

やっと食べられたお弁当が美味しくて…

空腹時、やっと食べられたお弁当に涙。
   
高い金額を出して、ブランド品のような食品を口に運ぶ。
そこに満足感はあるだろうか。
 
あのお弁当の味が忘れられない。

食品偽装、産地偽装、賞味期限・消費期限の偽装
偽り、人を騙すことは良くないことだけれど、
求める人がいるから、騙す人が出てくる。

人は、どこで満腹感(満足感)を得ているのだろう。

「いただきます」と手を合わせることを忘れないでください。
合わせた手の先にある いのち と、そこに携わってくださった方々に感謝

2013年11月 8日 (金)

西蓮寺報恩講2013

2013年11月5日(火) 西蓮寺報恩講をお勤め致しました。
 
 
Dsc_0964


Dsc_0950


Dsc_0965
お天気に恵まれました
お斎(おとき:お食事)の準備が整うまで、庭でお待ちいただいています。

Dsc_0958


Dsc_0990
お斎は、10年ほど前まではお寺で作り、お膳でお出ししていたのですが、いろいろいろいろな事情が重なり、お弁当をお出しするようになりました。
今年のお弁当のお店は・・・参詣された方だけのお楽しみ 毎年 坊守が探し回って選んでいます。

Dsc_0978
お斎の後は、本堂にてご法話。お話は、横須賀 長願寺 海法龍住職。20年以上に亘り、お話をいただいています。毎年海住職のお話を楽しみに参詣される門徒さんもいらっしゃいます。
ご法話の後は、休憩をはさんで報恩講法要。私も出仕していますので、写真はなし。

Dsc_0973
廊下のお飾り
画は、坪内好子さんの銅版画。ご本山も東京教区もお世話になっています。いろいろなところで挿絵を描いてくださっています。いつも素敵な画をありがとうございます。

Dsc_0993_2
床の間のお飾り
    
 
   
仏法僧 三文字聞き入る 報恩講
   (門徒さんよりいただいた俳句)
 
 
 
 
無事に西蓮寺報恩講をお勤めさせていただきました。
毎年楽しい時間を過ごさせていただいています。
ご参詣くださった皆様、海住職、ご参集くださったご法中の皆様、ありがとうございます。
西蓮寺報恩講は毎年11月5日開催です。来年もお待ちしています。


2013年11月 4日 (月)

ひとり ひとり

ひとりが ひとりに 出遇って生きてゆく。
出遇ってしまったら、忘れられないんです。


佐々木道範さんのことば。
彼のことばを聞いていて、こころに響き、今月のことばに掲示しました。
「人と人との出遇いが大切」というような表現はよく耳にするし、わたしたちが生きている真実。
でも、彼のことばに力(こころの底からの叫び)を感じたのは、「“ひとりが“ひとり”に」と言われた所だと思う。

 
「人と人との出遇い」と言ったとき(聞いたとき)、自分を外しがちになる。
でも、「ひとりがひとりに」と言ったとき、自分も他者(ひと)も明確になっているような気がしました。

 
ある先輩僧侶が憤っていました。
「新幹線の、3人がけの席の窓側に座っていたときのことです。私の隣に、若い2人のお医者さんが座りました。会話からお医者さんと分かったのですが、腹が立ったのは、彼らは、手術する患者さんのことを、一例・二例って、しゃべっているんですよ。ひとり・ふたりではなくて。彼らにとって患者さんは人ではないのでしょうね」


「ひとりがひとりに出遇って生きてゆく」
ひとに出遇っているからこそ生み出されてくることばだと思いました。

2013年11月 1日 (金)

2013年11月のことば

Scan0011

ひとりが ひとりに 出遇って生きてゆく。
出遇ってしまったら、忘れられないんです。
佐々木道範


佐々木道範さん
福島県二本松市 真宗大谷派真行寺住職・同朋幼稚園理事長
NPO法人 TEAM二本松理事長  41歳
福島の子どもたちを守るために除染活動・保養・食品の放射能数値測定を行っています。
奥様の佐々木るりさんと力を合わせ、子どもたちを守る活動をされています。彼らの活動を支えてくださっている方々もいます。 輪は、確実に広がっています。

福島第一原発の爆発事故以後、世の中の空気が変わりました。人は、放射能汚染に恐怖し、国や原発に対する怒りを露わにします。佐々木道範さんもその一人でした。
外で遊べない幼稚園の子どもたちの姿を見ているうちに、「あぁ、この子たちを外で遊べなくしてしまったのは、この俺なんだ。原発に反対もしないで電気のある生活を享受してきた。今回の事故を起こしたのは、この俺だったんだ」という目覚めを得ます。そのときから、子どもたちを守るために、残りの人生をかけて放射能と闘うんだと誓われました。
子どもたちを守るため、福島の現実(苦しみながらも生きている人々が目の前にいること)を知ってもらうために、彼は除染に努め、全国に講演に回ります。
先月、佐々木さんのお話を聞く機会が2度ありました。

「世の中捨てたもんじゃない」

震災後、何が正しくて、何が間違っているのか、分からなくなりました。子どもたちのために、除染活動・保養・食品の放射能数値測定など、できることをしてきました。でも、子どもたちが住める環境を作るということは、そこに子どもたちを住まわせることになるわけで、被曝をするということです。「お前がやっていることは子殺しだ」と言われることもあります。でも、現にここ(福島)に住んでいる人がいるんです。ここ(福島)に住んでいる人たちに出会いたいんです。だから、私は除染を続けます。
福島第一原発の処理をして働いている人は、6~7割が福島の人です。被曝させられた人たちが、原発の後処理をしているんです。でも、その人たちが、「地球を救ってくっから」って、毎朝出かけていくんです。やりきれないです。福島の現実を知ってください。知って、自分で感じて、考えて、歩み出してください。歩み出せたら、見えてくる世界がある。世の中捨てたもんじゃないです。
(10月1日 京都 東本願寺 「第8回 原子力問題に関する公開研修会」にて)


講演の最後に、「世の中捨てたもんじゃない」と、佐々木さんは言いました。驚きました。つらい思いをさせられている彼が、「世の中捨てたもんじゃない」と言い切る。こころ無いことばを突き刺されることもあれば、温もりに包まれていることを感じることもあったのですね。目の前にいる人と出遇われている人のことばです。
先月の掲示板には、宮崎駿監督の「この世は生きるに値する」ということばを掲示しました。「この世は生きるに値する」も、「世の中捨てたもんじゃない」も、わたしをギュッと包み込む温もりを感じている人のことばだと思います。「誰もが守られている。大丈夫、生きていけるから!」 そんな呼びかけに聞こえます。
呼びかけてくれる人がいてよかった。そのことばを胸に、わたしは歩み出せます。

「ひとりが ひとりに出遇う」

生まれてきていけない いのち なんてあるんですか? 僕は、生まれてきてはいけない いのち なんて、ないと思います。
目の前に生きている人間がいるんです。その人と出会って、 ひとりがひとりに出遇っていくしかないんです。出遇ってしまったら、忘れられないんです。
(10月16日 新宿 ハイアットリージェンシー東京 「第9回 真宗大谷派ハンセン病問題 全国交流集会」にて)

本当に生きるということ
拝聴した2回とも、佐々木さんが、ご自身の想いを正直にお話されたことが こころ に残っています。

原発の事故が起こるまで、私だって、イラクの人々・子どもたちの痛み悲しみに無関心でした。でも、事故後、他者(ひと)の痛み悲しみを聞くと、胸が痛いんですよ。でも、痛み悲しみに出会って、胸が痛みながら生きることが、本当に生きることなのかなと  思うようになりました。


他者(ひと)の痛みを、自分のこととして感じる。胸が痛い。けれど、その痛みを感じながら生きてゆくことが、本当に生きることだと感じるようになった。それほどまでに他者の痛みを感じられる、引き受けられるのは、ひとりの人間が、目の前にいるひとりの人間に出遇っているからなのですね。

「遇う(あう)」ということ
「会う」が、知人と会う、予期できる出来事に会うという程度の意味ならば、「遇う」は、人や出来事との予期せぬ出遇いを意味します。その中身は、自分にとって都合の良いことだけでなく、悪いことをも含みます。良いも悪いもすべて含めた「出あい」が、自分が生きる上で外すことのできない人や物事だったのだなぁと感じられたとき、「出遇い」としていただけます。
佐々木さんのお話を聞いていて、胸に痛みを感じるほどに人と向き合うということが出遇いなのだと教えられました。いえ、本当に人に出遇うからこそ、痛みが伴うのかもしれません。享楽は一瞬ですが、痛みは一生です。だから、忘れられません。
福島の方々だけでなく、災害などで被害に遇われた方、いわれのない差別を受けた方は、支援をしてくださる方に訴えます。「私たちのことを忘れないでください」と。「第9回 真宗大谷派ハンセン病問題 全国交流集会」のメインテーマは「人間を忘れない」です。
「忘れない」ということは、わたし(ひとり)が、ひとりの人と出遇うことからはじまります。出遇ってしまったら、忘れられません。

※佐々木道範さんに出遇い、彼のことばに生きた力を感じています。福島の現実を知り、わたしの姿を見つめ直してほしくて、今月の文章を書きました。佐々木さんのことばは、私のメモを元に書いています。文責は私にあります。
西蓮寺副住職 白山勝久
 
   

掲示板の人形
Dsc_0948
親鸞さんを囲んでお話

Dsc_0972


« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ