« 真宗大谷派 ハンセン病問題 全国交流集会 | トップページ | 「ひとりの大人として申し訳なく思う」からの出発 »

2013年10月10日 (木)

2013年10月9日(水) 西蓮寺聞法会開催
風強い中、ご参加くださった皆様、ありがとうございます。
 
今回は、松本梶丸さんの「罪深く、悪重きもの」の文章よりおしえをいただきました。

罪悪深重」の我が身
聞法会の始めに「正信偈」をお勤めしながら、「惡」という字の多さに、あらためて気付きました。
 
 8ページ 五濁惡時群生海
12ページ 一切善惡凡夫人
13ページ 邪見憍慢惡衆生
25ページ 一生造惡値弘誓
29ページ 極重惡人唯称佛
30ページ 憐愍善惡凡夫人
32ページ 拯済無邊極濁惡
  (ページは、赤い表紙の『真宗大谷派 勤行集』のページです)
 
こんなに、惡、惡、惡・・・と呼びかけられていたのですね。
そんな正信偈の中で、「不断煩悩得涅槃」と証くださっている。
「不断煩悩得涅槃」 阿弥陀如来は、罪惡深重なるわたしを、このままのわたしを、包み込んで下さっている。倦く(あく)ことなく、わたしの持つ罪業生に涙しながら。
聞法会は毎回レジュメを用意していますが、『勤行集』の中に、おしえが、親鸞聖人の息吹がいっぱい詰まっていました。
   
聞法会で紹介した、詩人 栗原貞子さんの詩(呼びかけ)をご紹介いたします。
     
 死者たちよ
 安らかに眠らないでください
 石棺を破って立ち上がり
 飽食の惰眠に忘却する
 生きている亡者を
 はげしくゆすって
 呼びさましてください

     
罪悪深重な我が身が悲しいのではない。
罪悪深重な我が身に無自覚なこと、
罪悪深重な我が身に目を向けることがあっても、忘れながら生きていること、
その事実が、悲しい。
       
先往く人 阿弥陀は、わたしを激しく揺さぶっています。

« 真宗大谷派 ハンセン病問題 全国交流集会 | トップページ | 「ひとりの大人として申し訳なく思う」からの出発 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真宗大谷派 ハンセン病問題 全国交流集会 | トップページ | 「ひとりの大人として申し訳なく思う」からの出発 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ