« これから これから | トップページ | 2013年8月のことば »

2013年7月29日 (月)

談合…面と向き合うこと

朝日新聞に、外山恒一さん(活動家)の特集記事(2013参院選 勝ったのは誰だ)がありました。
外山恒一さんは、2007年の東京都知事選に立候補されたことが特筆されていますが、まったく存じ上げませんでした。
記事の中で、「なるほどなぁ、そっかぁ」と頷いたことがあったので、ご紹介させていただきます。

        
「ネットで熟議が起きるなんて幻想です。違う意見の人とネット上で出会っても罵倒しあうだけです。対面だったら殴り合いになるのを避けようと、妥協したり相手を説得する理屈を考えたりしますが、ネット上だと殴れませんから」
〔「朝日新聞」 2013年7月27日(土)より〕  

       
先日の参議院議員選挙は、ネットによる選挙活動解禁がされ、その成果が注目されもしました。
山本太郎さんが当選したのは、ネットで自分の想いを発信し、想いに共感した人々が全国からボランティアとして集まり、山本さんをサポートしたと聞きました。
お金のある党は、さっそくネット活動専門の部署を作り、党の訴えをリアルタイムに、ダイレクトに、多くの人に届けることに苦心していました。
お金をかけられない立候補者も、仲間に、活動の様子・メッセージをまめにネット配信をしてもらっていました。


ネットを活用することによる、それなりの成果はあったのかもしれません。
しかし、ネットは、思っているほどメッセージが広がっていくものではないと感じます。盛り上がっているように感じても、実は関わっている人だけが知っていることで、世間的には話題にすらなっていなかったり、ということもよくあります。
テレビやラジオ、新聞など、古い情報源と位置づけられているツールの方が、実は情報が広がります。

ネットは便利であり、買い物・資料収集・情報収集に重宝しています。が、その資料・情報が普遍的なものと思い込んでしまうと、大間違いです。知れば知るほど、全体が見渡せなくなってしまいます。
また、自分好みの情報は熟読するけれど、自分の意見に合わない情報は、さっさとページを変えてしまいます。テレビもチャンネルを変えるし、新聞も飛ばし読みすることもありますが、嫌だと思いながらも、情報がすり込まれていたりもしますが、ネットはそういうことはないような。
あるいは、自分の意見に合わない情報や発信主に対し、罵声を浴びせ(ほぼ匿名にて)、炎上させてしまうということも、多々聞きます。
議論や話し合い、それらを経ることによって、新しい考え方・自分では思いもつかなかったことがひらめくということがあるものですが、ネットではそれも難しいのでしょうね(皆無だとはいいませんが)。

「ネット上だと殴れませんから」とありますが、ネット上だと関わりを持つことから逃げることができますから。だから普及しているのかもしれませんが。

私も、他者(ひと)と意見を戦わせること・面と向かって話をすることが苦手です。でも、話し合っているうちに、自分ひとりで考えていたのでは思いつきもしない考えに出会えることがあることを知っています。
面と向かって話していて(面と向き合っているからこそ)、罵倒したり殴り合ったりということもありますが、他者(ひと)を前にしての喧嘩とネット上での喧嘩は、温度が違います(体温を感じるか、まったく感じないか)、痛みが違います(殴った自分の手も痛いか、まったく感じないか)。
体温や痛みを感じないツールの普及は、これから何を生み出すのだろう?
「国民の生活を第一に考えています」と連呼しても、体温や痛みを感じることなく言っていても、相手に伝わりません。体温や痛みを感じることを忘れないでください。
議員さん(立候補者)だけでなく、ネットが生活の中に入り込んでいる私達自身の問題です。

« これから これから | トップページ | 2013年8月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これから これから | トップページ | 2013年8月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ