« 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的③ | トップページ | 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的⑤ »

2013年6月24日 (月)

普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的④

タイトル:ことばは、今のあなたの悩みに直接していなくても、こころ動かします

ここのところ、「人間の思想・発言は、立場・状況・環境などが変われば、コロコロ変わります」ということを中心に書いてきました。
しかし、「人間の思想・発言は、立場・状況・環境などが変われば、コロコロ変わります」のは、優柔不断だからとか、根っこが無いからではありません。縁を生きている(縁に生きている)からです。
ということは、世で起こり得る事象・物事、人と人との関係、こころ動かされ感動(感謝・感激・感涙など)するということ…誰の身にもつながってあるということです。
震災が起き、被災された方々だけが悲しい思いをするわけではありません。たとえ被災しなくても、その事実に涙することがあります。身を動かされることがあります。
原発事故が起き、避難区域に住む方々だけが放射能汚染の恐怖のただ中にいるわけではありません。たとえ事故が起きた原発から離れたところに住んでいても、他人事ではありません。原発反対の立場を表明する人もいます。それでも原発推進を推し進める人もいます。
選挙・投票があり、当選した人のみ、政治に参加出来るわけではありません。落選しても、人のために何かしなければと活動する人もいれば、何も手に付かなくなる人もいるかもしれません。投票に行った人だけが、少なからず政治に関心があるわけではなく、関心有るゆえに無投票という人もいたことでしょう。
たとえが下手ですみません。つまり、あらゆる物事はつながっているということ。つながっている物事によって、私のこころは動くということ。
 
私、思うのです。
あなたが、今、悩みを抱えているとします。
今の世の中ですと、ネットで「いいこと書いてあるなぁ」と思えるようなサイトに辿り着いたとします。しかし、そのサイトで書かれていることは、あなたの悩みを聞いて、それに対して書かれたものではありません。ですから、今のあなたの悩みに、直接に応えているものではありません。
でも、直接応えるものではなくても、こころ動かされることがある。こころに突き刺さるものがある。こころのどこかに引っかかることがある。そういうことがあると思うのです。
仕事のこと、恋愛のこと、結婚のこと、家庭のこと、子どものこと、教育のこと、社会のこと、自分の体のこと、病気のこと…ったとえ悩みはジャンル分けできたとしても、その悩みに寄り添うことばに、ジャンルは無いと思うのです。
 
ことば(文章・話・会話)の中に、光明を見い出す(力を引き出される)ことがあります。
たとえ、今のあなたの悩みに直接に応えたものではなかったとしても。
それは、あらゆる物事がつながっているから。人と人がつながっているから。
  
つらつら書き綴っている この駄文に、何かしら感じてくれている人が、かつて数人はいました。
このサイトに限定した話ではなくて、
「いいこと書いてあるなぁ」とお気に入りしているサイトや本など
「この人の話好きだなぁ」と感じる人が書いた本や文章や絵画など・
「頑張っている人がいるなぁ」と感じた人やエピソードなど
たとえ今のあなたの悩みに直接していなくても、こころの琴線に触れることって、いっぱいあります。
「これは、今の私の悩みとは関係ない話だ」とか、「私の悩みに直接答えてくれていない」などと考えるのは、実は自分の中で答が用意されているから。あるいは、耳ざわりの言いことばで慰めて(誉めて)ほしいから。
すると(いえ、“だから”かな)、自分の意に反することは、聞こえなくなってしまいます。逆ギレする人もいることでしょう。自分の想いに合った人を探しに出かけてしまう人もいることでしょう。
悩みを解決してくれることばは、その内容によっては あるのかもしれません。しかし、解消してくれることばはありません。悩みを解決してくれる人(ことば)探しよりも、感じるこころを大切にして欲しいと思うのです。感じるこころを、誰もが持っているのです。その、感じるこころ装置が錆び付いてしまっているから、何も感じないのかもしれません。感じられる幅が狭くなっているのかもしれません。誰かを傷付けているのかもしれません(つまり、悩みの種は自分にあったのかもしれません)。
    
   
たとえば、   
あなたが、Aという悩みを持っていたとします。
Bという事柄について書かれたものがあったとします。
それじゃぁ、何にも感じないかというと、そんなことはありません。
Bの中に、私のこころ潤す何かがある場合が、いっぱい いっぱい あります。
そういうことを伝えたくて、
ここのところ、「人間の思想・発言は、立場・状況・環境などが変われば、コロコロ変わります」ということを中心に書いてきました。
たとえが下手で、いえ、文章が下手ですみません。

« 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的③ | トップページ | 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的⑤ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的③ | トップページ | 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的⑤ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ