« 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的⑤ | トップページ | 2013年7月のことば »

2013年6月26日 (水)

普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的⑥(了)

タイトル:対機説法
   
自分の悩みに直接していなくても、おしえに触れていれば、そこからなにかしらの気付きがある。
この おしえは、この悩みに対してのもので、あの おしえは、あの悩みに対するもの…などと分類されるものではなく、おしえを聞いて、そこから自分の悩みに引き当てて、個々それぞれが、「あぁ、そういうことだったのですね」と気づきを得る。
 
お釈迦さまのお説法を「対機説法(たいきせっぽう)」と言います。
「機」とは「人」のこと。お釈迦さまは、悩みを持つ人々それぞれに対し、おしえを説かれました。その説法のスタイルを、「対機説法」と言います。
最近書いている、「自分の悩みに直接していなくても、おしえに触れていれば、そこからなにかしらの気付きがある」ということと、「対機説法」は矛盾してしまうかな? と、思いました。
でも、やはり矛盾はしていないなと、思いました。

お釈迦さまのお説法(お経)は、そんなには知らないけれど、
お盆の時期によくお話する「芥子の実」のお話
 
お子さんを亡くされたお母さんは、お釈迦さまのお説法によって、いのちの真実の姿に目覚めます。
しかしそれは、子どもを亡くした悲しみを解消してくれるおしえを、お釈迦さまが説いてくださったからではありません。亡くなられたお子さんは、結局亡くなられたままです。でも、いのちの真実の姿を、亡き子を通して目覚めさせていただいたお母さんは、お釈迦さまがお話されることを通して、自分の中で想いを巡らせ巡らせして、やがて、お釈迦さまが伝えようとしたことに、自ら辿り着いたのです。
お釈迦さまは、悩み解消のためのお話を、ピンポイントでしてくださったのではありません。
お釈迦さまが口にされたことばを通して、それを聞いて、自分で考え考え、想い想い、悩み悩みし、やがて いのちに真向かいになる人が誕生した。
そのことが、「対機説法」なのだと、今になって感じています。
 
おしえは、普遍的なものであり、同時に、一人だけのもの。
しかし、一人だけのものでありながら、普遍的なもの。誰にも通じるもの。

« 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的⑤ | トップページ | 2013年7月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 普遍的であり、一人のためのもの 一人のためのものであり、普遍的⑤ | トップページ | 2013年7月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ