« 2013年6月のことば | トップページ | あなた達の生きる未来を!! 私達が諦めるわけにはいかない!!! »

2013年6月 9日 (日)

地名が「烏山(からすやま)」っていうくらいですから

毎年、境内の高い木に巣作りし、カラスが子育てをします。
子ガラスが生まれ、親ガラスは気が立っています。
カラス自身も、実は人間が恐いので、実際に襲ってはこないのですが、近づいてきて威嚇します。
お墓参りに見えた方にも威嚇するので、今の時期、困ってしまいます。が、それは人間の側の事情。カラスにしてみれば、命がけで子どもを守っているのです。
子ガラスが飛び立つまで、親ガラスはその姿を見守り、人間やネコなどの外敵から子どもを必死で守ります。恐いのを我慢して。
親の愛情を、カラスから感じたとき、カラスを邪魔にはできないなと思います。
巣立ちまでの我慢我慢。
  
などと、カラスの親子を見守りたい気持ちいっぱいなのですが、そんな私の気持ちなど、カラスたちに伝わるわけもありません。この時期、掃除をしようと外に出ると、「また あいつが来た!!」と、真っ先に威嚇しに来ます。毎日現われる怪しい存在なのでしょう。味方なのに
掃除が行き届かず、申し訳ありません。

お墓にお参りの方には、傘をお貸ししています。
大きい物体は、カラスもさすがに恐ろしく感じるようです。それでも近づいてはきますが、何も手にしていないよりは安全にお参りいただけます。
傘をお貸ししていますので、お墓参りの方は、お寺にお声をおかけください。


« 2013年6月のことば | トップページ | あなた達の生きる未来を!! 私達が諦めるわけにはいかない!!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年6月のことば | トップページ | あなた達の生きる未来を!! 私達が諦めるわけにはいかない!!! »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ