« 善知識 | トップページ | さようなら 渋谷東急東横店屋上遊園地 »

2013年3月24日 (日)

西蓮寺お彼岸の風景2013

春彼岸 例年より早く桜が開花したそうです
人間の感覚では早いのでしょうが、花自身は、いのちのままに生きています
この濁った眼に、春の彩りが色鮮やかに飛び込んできました
   
例年、白梅が散ってから紅梅が咲き始めるのですが、今年は白梅と紅梅を同じ日に撮影することができました(お彼岸の数日前の撮影になります)。
    
Dsc_0488
   
Dsc_0499
    
西蓮寺の山門入って右手に池がありました。
しかし、池の水の循環器が故障し(何度修理しても、すぐに壊れてしまいます)、池の水も涸れてしまうため、取り壊してしまいました。
水の流れる音は、こころにとても優しくて、お気に入りの空間だったのですが、残念です。
池がなくなったことに驚いて「どうしたんですか?」と尋ねてくださる方、池の存在そのものを知らなかった方、両極端な方がいて面白かったです。人間の関心は人それぞれですね。だけど、見るもの 在るもの その存在に気付き、なんらかの感動を持てる人間でありたいと思います。
      
Dsc_0608
   
参道の到る所に「沈丁花(じんちょうげ)」が咲いています。
お彼岸中、沈丁花の芳しい匂いが漂っていました。
   
Dsc_0606_2


Dsc_0610
            
「どうだんつつじ」って、漢字で書くと「満天星」なんですね。
落合恵子さん(の文章)から教えていただきました。
「満天星(まんてんぼし)」って書くんだと思うと、「どうだんつつじ」の見え方も変わってきます。
(「灯台躑躅(どうだんつつじ)」とも書くそうです。知りませんでした)
   
Dsc_0614_2
    
Dsc_0619
 
「海棠(かいどう)」も咲きました。
桜も綺麗ですが、海棠も美しいです。バラ科の植物だそうです。
花言葉は「美人の眠り」(どういう意味があるのでしょう?)
        
Dsc_0634
   
娘たちと植えたチューリップの球根
お彼岸前に芽が出始めて、先ずは一輪 花が咲きました。娘たちも楽しみにしています。
      
Dsc_0653
   
水仙も咲きそうです。
 
Dsc_0665_2
  
枯れてしまった牡丹
でも、その根元から新しいいのちが!!
毎年永代経法要の頃(4月29日)に花を咲かせます。
今年の永代経法要は、川村妙慶さんにお話をお願いしています。お花のように美しい方です。
   
Dsc_0667
  
お彼岸中、「うちの桜です」と、ご門徒さんが持ってきてくださいました。
さっそくお座敷に生けさせていただきました(坊守が)。
いただいてから3、4日のうちに一気に咲きました。お座敷でお花見ができそうです
    
Dsc_0672
   
      
お彼岸中の3月18日、おばあちゃんの100歳の誕生日をお祝いしました。
「おばあちゃんは、みすず(2歳)の50倍、みほ(4歳)の25倍生きたんだね」なんて言いながら、おばあちゃんのことを思い出していました。
昨夏、阿弥陀さまの元へ還っていった おばあちゃん。お浄土から見てたかなぁ。
もっとも、無量寿のいのちを生きる身にとって、100歳とか何年とか、そんなこと考える必要もないことなんだろうなぁ。小さい小さい 
 
Dsc_0580

« 善知識 | トップページ | さようなら 渋谷東急東横店屋上遊園地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 善知識 | トップページ | さようなら 渋谷東急東横店屋上遊園地 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ