« 2013年2月のことば | トップページ | しんらんさまをたずねて »

2013年2月 8日 (金)

育てたように子は育っている

相田みつをさんのことばに
育てたように子は育つ」というのがあります。
このことばを見た方から、
「育てたように子どもは育ちませんよね」と感想を言われたことがあります。
さて、そうでしょうか?

たしかに、「育てたいように」「親の希望通りに」は、子どもは育たないでしょう。
でも、子どもの姿は、「育てたように育」った姿なのです。

「育てたように」とは、親の意図的な教育・躾(しつけ)を言っているのではないと思います。
「子は、親の後ろ姿を見て育つ」という表現がありますが、親の姿・行動・仕草は、よく見ているものです。
自分の子どもを見ていて、「なんか、自分に似ているなぁ」と思うことはありませんか? それは、教えてそうなったわけではないですよね。
掃除好きとか、丁寧な言葉遣いとか、優しい気遣いとか、そういうところが似てくれればいいのですが(親にそういう姿があればの話ですが)、自分の気にくわないところばかり似てしまうものです。それだけ、よく見てくれているのです。
足癖が悪いとか、時間にルーズだとか、周りの評価を気にするとか、周りの人を非難・批判するとか、そういうところが似てしまうものです、真似するものです。でもそれって、何もないところから生まれてくる性格ではなく、親の姿の映しなのだと思います。つまり、「育てたように」子は育ってくれているのです。

子どもに、「あぁしろ」「こうしろ」言う前に、自分の姿を振り返ってみましょう。
子どもに、「あぁなれ」「こうなれ」言う前に、自分が実践して見せましょう。
育てたように子は育ちます。
    
 
   
4歳の娘が、「あぁ、つまんない」とつぶやいているので、
「なにが つまんないの?」と尋ねると、「わからない」と言うので、
「“つまんない”って、どういう意味?」と尋ねると、「わからない」と言われてしまいました。
つまり、意味も分からずに、ことばを発していたということ。
まったく何もないところから「あぁ、つまんない」などとは言えないと思うので、真似をしていたということ。私の真似を。我が身を反省したしだいです。子どもからお育てをいただいています。

そういえば、娘が3歳のとき、私と妻の前で突然言いました。
「パパ、ママ、こんな生活でいいの?」
私も妻もドキッとして、顔を見合わせました。
「う~ん、いいわけはないよね」というような応えをした気がします。
「なんで急にあんなこと言ったんだろう」…それから数日、私と妻との話題の中心でした。
ふとしたときに、原因(元ネタ)がわかりました。
録画したアニメから「こんな生活でいいの!?」のセリフが。“クレヨンしんちゃん”でした。
私と妻、「これかぁ!!」と顔を見合わせて納得しました。
しかし、「パパ、ママ、こんな生活でいいの?」のことばは、戒めとして、紙に書いて貼ってあります。
うん、このままでいいわけはないんだよ。

« 2013年2月のことば | トップページ | しんらんさまをたずねて »

コメント

昭和の時代に生まれるぼくらにとって、安定して政治が基本なので親がいなくても子は育つのですが、現代はコミュニティじゃないですか?自分が自立しているのが一番ですよね。まだ、半世紀も生きてないからわからないけど・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年2月のことば | トップページ | しんらんさまをたずねて »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ