« 自分が作りだした闇の中を、自ら彷徨っている | トップページ | 二階堂行邦先生 「真宗聖典を毎日3ページずつ、お内仏の前で声に出して読んでいたときがあるんだ」 »

2013年2月22日 (金)

3番の歌詞に潜む 時代の鏡

「茨城県民の歌」の3番の歌詞が問題となっています(疑問が生じています)。

 世紀をひらく 原子の火
 寄せる新潮 鹿島灘
 このあたらしい 光をかかげ
 みんなで進む足なみが
 あすの文化をきずくのだ
 いばらき いばらき
 われらの茨城
 
一般公募された歌詞・曲の中から選考され、1963年(今から50年前)の3月16日に公表されました。
県民の歌が制定される6年前(1957年)、茨城県東海村に、日本初の原子炉が設置されました。これからの日本のエネルギーに、あたらしい光の道筋を照らしたことを誇りに、3番の歌詞が生まれました。当然の流れだと思うし、震災後の原発問題が起きなければ、問題にすらならなかったことだと思います。
しかし、原発の事故が起こり、茨城県の隣の福島県に住む方々は、多大な被害を受けています。そうした中、3番の歌詞に対する疑問が生じています。原発礼賛の歌詞はおかしいのではないか、歌えない、無くした方がいいのではないか。
茨城県としては、50年の間、県民に“親しまれてきた”歌詞だから、変える(無くす)つもりはないと答えています。上に載せた3番の歌詞も、茨城県のHPからコピペさせていただきました。消えてるかと思ったら、ちゃんとありました。

この50年の間に、疑問を呈した方はいらっしゃると思います。でも、多くの(ほとんどの)人々が原発礼賛・原発があるということを、当たり前のようにして生きてきました。先に書きましたが、原発の事故が起きなければ、今もなお、3番の歌詞に疑問は生じていないことと思います。
  
みなさんは、3番の歌詞を無くした方がいいと思いますか? 残した方がいいと思いますか?
私個人的には、なにかが起きたときに、それを無くすという考え方は、どうなのだろう?と思います。問題・疑問は、すでにして存在していたわけです。そのことに気付くのは、いつも“なにかあってから”です。つらいですね。でも、声を大にして疑問を訴えて続けてくださった方がいるわけです(この件に限らず)。そういう方の声や存在、おかしいと思われる点をふりかえることなく、「おかしいものは削除」というのは、都合の悪いものの消去とともに、大切なものまで見失うことに繋がると思っています。
それが考え方の根っこです。そのうえで、3番の歌詞によって苦しんでいる方がいるのであれば、見直しも考えるべきことだと感じています。玉虫色の応え方で申し訳ありません。でも、今日のブログをお読みになった方が、それぞれに考えてみていただきたいことだと思います。

さて、その歌詞ですが、公募されたと書きましたが、3番の歌詞については、応募があった歌詞ではないようです。

歌詞の原作者は元高校教員の川上宏昭さん(85)=同県石岡市。応募では「原子」という言葉を用いておらず、比喩的に東海村の隆盛を描いたという。有識者らでつくる当時の審査委員会が原子力を強調する手直しをしたらしい。川上さんは「歌に関わった人に迷惑がかかる」と多くを語らない。 (「東京新聞」2013年2月18日夕刊より)

審査委員会による手直しがあったようです。私の憶測ですが、応募の段階で、原子力礼賛の歌詞を入れようと意図していたかもしれませんね。
「東京新聞」の記事を読んでいて、「どっかで聞いた話だなぁ」と思い返していました。
「真宗宗歌」です。
真宗門徒が、法要や法座の一番初めに歌います。1番だけを歌うことが多いと思いますが、3番まであります。
  
 1
 ふかきみ法に あいまつる
 身の幸なにに たとうべき
 ひたすら道を 聞きひらき
 まことのみむね いただかん
  
 2
 とわの闇より すくわれし
 身の幸 なににくらぶべき
 六字のみ名を となえつつ
 世のなりわいに いそしまん
    
 3
 海の内外の へだてなく
 みおやの徳の とうとさを
 わがはらからに 伝えつつ
 みくにの旅を ともにせん
  
「真宗宗歌」も、公募によって誕生しました。「立教開宗700年記念法要」が厳修された1923(大正12)年4月9日に発表されました。現在の真宗教団連合の名の下に、「真宗宗歌」の歌詞を募集しました。
たまに、1番を歌いながら「身の幸なににくらぶべき」と歌いそうになってしまいます。そう、1番と2番は似ているのです。3番は、歌詞を比べると、何か違うなと感じます。
全国からの応募作品の中から、三重県 真宗大谷派 本宗寺の土呂 基さんの歌詞が選ばれました。1・2番は、土呂さんの作品ですが、3番は、選考委員のひとり、文学博士の佐佐木信綱氏によって添削が加えられたそうです。佐佐木さんは、宮中の御歌所寄人であります。1923年当時の天皇制国家の時代状況を反映しています。
阿弥陀さまの徳・親鸞さまの徳を歌った歌でありながら、天皇を讃えるようにも聞こえるような巧みな歌詞になっています。
このお話は、熊本県の真宗大谷派 山田寺前住職の湯浅成幸さんからお聞かせいただきました。ご本山出版部発行の伝道ブックス68『親鸞さまのみ教え 「真宗宗歌」に聞く』にも詳しく書かれています。

県歌や宗歌、公の歌、普段何気なく口ずさんでいる歌の中に、知らないうちに、大きな力の陰謀(大袈裟?)がすり込まれているかもしれません。
茨城県民の歌のニュースから、そんなことを考えていました。

« 自分が作りだした闇の中を、自ら彷徨っている | トップページ | 二階堂行邦先生 「真宗聖典を毎日3ページずつ、お内仏の前で声に出して読んでいたときがあるんだ」 »

コメント

 原発は「悪」ではありません。
 日本のみならず,世界各国で今後何十年間も使われ続けることが確実な,重要なエネルギー技術です。
※ご存じかもしれませんが,現時点でも,原発を減らすより,増やす予定である国家の数の方がはるかに多いのです。
 私は,浅はかな「臭い物にはフタ」式な考え方にとらわれる必要はないと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分が作りだした闇の中を、自ら彷徨っている | トップページ | 二階堂行邦先生 「真宗聖典を毎日3ページずつ、お内仏の前で声に出して読んでいたときがあるんだ」 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ