« 2013年1月のことば | トップページ | まず動く »

2013年1月10日 (木)

試練は乗り越えられる者にしか訪れない

昨年末の松井秀喜選手の潔い引退には驚かされました。
2013年のシーズンが始まるまでに所属球団が決まらなかったら…(引退が)あるかなぁ、とは思っていましたが、シーズン始まる前に引退を決意されるとは思ってませんでした。

昨シーズンは、小久保裕紀選手(ホークス)・金本知憲選手(タイガース)・城島健司選手(タイガース)・石井琢朗選手(カープ)など、記録や記憶に残る選手が大勢引退しました。いつかその日が来るものとはいえ、淋しいものです。

さて、タイガース城島選手が引退しました。前のシーズンから続く相次ぐ怪我や故障で、ろくにトレーニングすら出来ない状態だったようです。
城島選手がホークスに入団したときの王貞治監督自身、城島選手の大ファン。もう一度グランドでプレーする城島選手の姿を見たい王さんは、城島に声をかけました。
「試練は乗り越えられる者にしか訪れない」と。
恩師 王貞治さんからのことばを胸に、復帰を目指しましたが、現役バリバリのプレーヤーとしてグランドに立つことはできませんでした。

王さんが声をかけられた「乗り越え」るとは、怪我を克服し、レギュラー選手として復帰することを意味していたことでしょう。
世間一般で “試練を乗り越える”といったら、困難を克服すること・問題を解消することを意味するのかもしれません。

でも、困難を克服する・問題を解消することばかりが、「乗り越える」ではありません。
困難・問題を抱えたままに、生きる道を見いだせる、光明を感知する…そういうことが、あるものだと想います。
あるいは、困難・問題等との出会いを通して、あらたに見えてくるものがある。今までの傲慢な自分に気付けるということもあります。「人生で起こる何事も、無駄なことは何一つない」という先達のおことばは、困難・問題等との出会いを通して出てきたことばです。

王さんの「試練は乗り越えられる者にしか訪れない」ということばは、2012年こころに残ったことばのひとつです。
城島選手や、「人生で起こる何事も、無駄なことは何一つない」ということばを残された先達、福島で頑張っておられる方々に比べれば、かつての私の苦悩など比べるにも足りないものですが、自分的に思いっきり壁にぶち当たり、どこを歩いたらいいのか分からない時期がありました。
 
彷徨っていた当時、私の身に起きたことをすべて承知した上で、私に声をかけてくださった方がいます。その方は、こう仰いました。
「あなたの身に起きたことは、あなたならすべて引き受けられると思って、阿弥陀さまが与えてくださったことだと思います」と。
私は、そのことばにすくわれました。そのことばのおかげで、今の私がいます。いえ、今、私がいます。
その方自身、私の苦しみなんかとは比べものにならないほどの悲しみの中にいました。でも、
「私の身に起きたことも、私なら大丈夫だと思って、阿弥陀さまが与えてくださったのです」と仰いました。
私にとって、真宗と、親鸞聖人と、阿弥陀さまと出遇えたのは、この ことば のおかげです。もっと言うならば、阿弥陀さまと出遇えたのは、我が身に起きた出来事のおかげなのです。そう思えたとき、試練を乗り越えられました。現実は、まったく何も変わらないけれど。
 
王さんが城島選手に「試練は乗り越えられる者にしか訪れない」と声をかけられたとニュースで知ったとき、
「あなたの身に起きたことは、あなたならすべて引き受けられると思って、阿弥陀さまが与えてくださったことだと思います」ということばを思い出し、あらためて噛みしめていました。

「あなたの身に起きたことは、あなたならすべて引き受けられると思って、阿弥陀さまが与えてくださったことだと思います」
もしかしたら、なかなか受け容れられないことばかもしれません。でも、このことばの頷きが、“試練を乗り越える”ということだと想います。

松井選手には長嶋さんがいて、城島選手には王さんがいる。
私には、声をかけてくださった○○さんがいる。
ただ顔と顔を付き合わせるだけの出会いではなく、人と人とは、困難を通してこそ本当に出遇えるのかもしれません。


「あなたの身に起きたことは、あなたならすべて引き受けられると思って、阿弥陀さまが与えてくださったことだと思います」
と、声をかけていただいた時期(とき)と、ご本山から出版されている法語カレンダー随想集『今日のことば』(4月の項)に書いた、幼稚園児たちが歌ってくれた親鸞聖人の歌を耳にした時期(とき)は、時期(とき)を同じくしています。
彷徨いつつも、(それを受け容れようというほどの強い意志もありませんでしたが)苦悩を無くそうとはしていませんでした。この状況の延長線上に、私はいるのだと想っていました。その想いによって、ことばに、歌に、人に、そして起きた出来事に向き合えました。
「乗り越える」とは、そういうことだと想います。

« 2013年1月のことば | トップページ | まず動く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年1月のことば | トップページ | まず動く »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ