« 「わすれないでね」と「おぼえていてね」 | トップページ | 2013年2月のことば »

2013年1月26日 (土)

欲深き 人の心と 降る雪は つもるにつけて 道を忘るる

欲深き 人の心と 降る雪は つもるにつけて 道を忘るる

成人式の日に降った雪もやっととけました。
瓦が落ち、雨樋が外れ、スコップが折れるなど、雪のイタズラにも困ったものです。
今もまた日本海側では大雪だそうですね。雪国の方々のご苦労と比べると、東京の雪など可愛いものだと思います。にもかかわらず、雪が降れば途端に生活に支障が出る脆弱さが情けないやら、可笑しいやら…。それにしても、成人式を迎えた若人やそのご両親にはお気の毒なことと、降る雪を眺めていました。

見た目には綺麗な雪ですが、瞬く間に降り積もり、行く手を阻む雪を、煩悩に譬えた短歌があります。先に書いた短歌です。
「欲深き 人の心と 降る雪は つもるにつけて 道を忘るる」
欲の心と雪、積もるほどに、道を見失ってしまいます。雪を綺麗なものとして譬える人は多くても、煩悩に譬える人はなかなかいないのではないでしょうか。感心してしまいます。

さて、雪がとけて、道が見えてきました。
道には、落ち葉やタバコの吸い殻やゴミが落ちています。雪が降る前から落ちていたのか、降っている間に捨てられたのか、降り積もっている雪に投げ捨てたのか。いづれにしても、雪が残っている間は、まともに掃除も出来ませんから、落ち葉やゴミは雪にたまってゆきます。そして、雪がとけると共に表われるのが、落ち葉やゴミです。たまりにたまったゴミが、一気に顔を出します。

煩悩をなくしたい人、煩悩を無くすことを良しとする人もいることでしょう。
しかし、雪(煩悩)がなくなって、そこで初めて見えてきたものは…煩悩の残骸でした。(“落ち葉”を残骸というのは、申し訳ないことですが)
雪という煩悩は、見た目 真っ白で綺麗です。煩悩といっても、決して否定されるものではありません。「大切な人を守りたい」という想いがなければ、親は子を育てられません。「生きたい」という欲がなければ、人は生きられません。煩悩というと、勝手に“黒”のイメージを持ってしまっていましたが、“白”いものなのかもしれません。
しかし、
「大切な人を守りたい」ゆえに、他者(ひと)を傷付けることがあり、
「生きたい」ゆえに、他者(ひと)を殺めることがある。
それが、縁(関係性)を生きているということなのでした。

煩悩がなくなったとして、清浄なるこころ・世界が開けてくるのかと思ったら、そこは煩悩の残骸(煩悩ばかり)の世界でした。煩悩がある世界以上の、さらに煩悩の世界でした。

煩悩や雪によって道を見失ってしまいます。
煩悩や雪がとけたら、道が開かれるのかなぁと思ったら、
今まで見えなかった、白いもので誤魔化していた、煩悩・ゴミばかりが目に飛び込んできました。
己の姿が浮き彫りになるのでした。

タバコの吸い殻を掃き集めながら、そんなことを思わせていただきました。南無阿弥陀仏

雪がとけたら…春が来ますよ^^
と言われたら、今日の文章が吹き飛んでしまいますが^^;

« 「わすれないでね」と「おぼえていてね」 | トップページ | 2013年2月のことば »

コメント

親鸞聖人御遠忌法要in真宗会館で、お世話になりました
甘酒をいただいて、体も心もほっこりしました 甘酒を飲んでいた時、茨城組の西本弘明さんに会いハグ(笑)、 西本さんとは、いつも”推進員のつどい”でお会いしているし、推進員後期講習では一緒でしたし 会えてうれしかったです
岩松正英先生のお話、「親鸞聖人伝説伝承の背景」は、興味深いお話でした
もっとゆっくり聞きたいな、って感じでした、
練馬駅へ帰るバスの中で、みなさんと大蛇済度に花咲かせました

いいかい。絶対ひとに迷惑をかけたくないと思ったら死ぬしかないのだよ。しかし、死ぬことは、きみの親やきみの友人やきみの先生や膨大な数の他人に多大な迷惑をかける。だから、それさえできない。つまり、誰も生まれてきた以上は、ひとに迷惑をかけることをやめることはできないのだ。(中島義道『カイン』)

☆佐智子さま
教区御遠忌法要参拝有り難うございます。
先生、「大蛇済度」のお話されていましたか。その話をするんだ!!って、意気込みが凄かったと伝え聞いていました^^
報恩講も、御遠忌も、普段の参拝の時も、手を合わす場では、人と人との出遇いが待っています。不思議なものです。楽しいものです。

☆HikkenDokugoさん
中島義道さん、いいですね。なにか読んでみようかな♪

いいえ、大蛇済度まで話は及んでいませんでしたが、私達、推進員のつどいで あのお寺(名前忘れた)に立ち寄り、大蛇の鱗を見せてもらったもので、私達の中でその話になりました。

法話の中で、「恩徳賛の ー骨をくだきても謝すべしー の”べし”についての解釈の仕方」がお話の最後の部分でした、この”べし”についても、バスの中で話が盛り上がりましたよ。

☆佐智子さま
「べし」の話で一講座できます^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「わすれないでね」と「おぼえていてね」 | トップページ | 2013年2月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ