« まず動く | トップページ | 欲深き 人の心と 降る雪は つもるにつけて 道を忘るる »

2013年1月21日 (月)

「わすれないでね」と「おぼえていてね」

2013年1月17日(木) 阪神淡路大震災から18年が経ちました。
私は、阪神淡路大震災の揺れを京都で経験しました。大谷大学での研鑽も終わりが近づき、東京へ戻る準備を始めた頃でした(ちなみに、地下鉄サリン事件が起きた日に、東京に引き上げてきました。東京駅に着いたときには、大変なことが起きていました)。
阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件からの経過年数が、大谷派僧侶としての歩みの年数に重なります。
「震災から(サリン事件から)○○年」と報道されるのを見て(耳にして)、「それだけの年数が経ったんだ」と、いろいろな想いが込み上げてきます。

今年の3月11日には、東日本大震災から2年が経ちます。
私の周りには、今でもボランティアに足繁く通う朋がいます。
ボランティアに行った方々から聞かせていただくのは、現地の方々の「(私たちのことを、震災が起きた事実を)忘れないでください」という声。
東日本大震災におけるボランティアに、私は行っていないのですが、かつて中越地震が起きた際、ボランティアに行ったとき、やはり「忘れないでください」という声をかけていただきました。
「来てくださってありがとうございます。私たちのことが忘れられていないと、そう思えるだけで力になります。どうか私たちのことを忘れないでくださいね」と。震災で家の中が散乱しているのに、お内仏だけが綺麗に整えられていたのが印象的でした。ご自身のことですら大変なときに、まずお内仏を、ご本尊を元に戻された。その姿と、そのようにさせる(そうせずにはおれない)はたらきが現にあることを感じました。

「わすれないでね」
耳の底に留まる「わすれないでね」の響き。阪神淡路大震災から18年が経ち、あらためて噛みしめました。
そこで、ふと思いました。「わすれないでね」ということは、「おぼえていてね」ということ。でも、被災された方々の声として、「おぼえていてね」という声は聞いた覚えがありません。やはり、「わすれないでね」です。
どうしてだろう…。
「わすれない」「おぼえている」 ことばの意味としては同じかもしれません。しかし、決定的な違いがあるような気がします。
阪神淡路大震災も東日本大震災も、日本人なら、誰もが記憶に留めていることと思います。しかし、記憶に留める、「おぼえている」ということは、日常は忘れているのではないでしょうか。1.17 3.11の日を迎え、新聞やニュースを見て、「あぁ、震災から○年か」と思い出します。決して、「そんなことあったっけ?」とは思わないことでしょう。
記憶としては、たしかに「おぼえて」います。しかし、日常は忘れ、年に一回(或いは数回)思い出すことを「おぼえて」いるというのではないでしょうか。そのことは、「わすれない」こととは違います。
「わすれないでね」という響きは、いかなるときも忘れない、つらい想いをした人がいる、今も現に悲しみの中にいる人がいる。そのことを、いついかなるときも胸に刻まれていることが「わすれない」ことなのだと感じます。

「阪神淡路大震災から18年か。月日が経つのは早いものだね。でも、復興を果たし、よかったね」と言えてしまうのが「おぼえている」ということだと感じます。
18年経った今も、復興を果たしていない現場があります。仮の住まいから出て行かねばならない時が近づいていることを、“どうしよう” “どうしたらいいのだろう”と悩んでいる人が、今も現にいるのです。
そういう人がいることに想いを馳せることが、「わすれない」ことだと感じます。

「“わすれない”も”おぼえている”も同じでしょ」と言われば、たしかにそうです。
でも、「おぼえていてくださいね」と言うのではなく、「わすれないでくださいね」という声が出るということは、そこに明らかに違いがあります。
発言主(被災された方々)としては、「おぼえていてね」ではなく、「わすれないでね」と言った方がいいよなぁ などという作為はありません。
でも、聞く方、耳にする方としては、「わすれないでね」の響きは、いついかなるときも、耳の底にある響きであると思います。

記憶は、記憶を重ね、埋没していきます。
きっかけがあれば思い出しますが。
忘れないということは、たとえ記憶を重ねていっても、常に一番上に残っているのだと思います。
何年経とうが、常に新しい事実として想いをとどめることが、「わすれない」ことなのだと思います。


« まず動く | トップページ | 欲深き 人の心と 降る雪は つもるにつけて 道を忘るる »

コメント

記憶の問題は厄介で日を達つ事でこころに沈んでゆきます。私は相武紗季がこころに沈んで悩んだ事が在ったのだけれども美を見つめる視点で事なきをえています。相方の問題だからほとけ様も悩んでたりして。あは。

☆ひろポピよ、相武紗季ちゃんなら いいじゃないか(という話ではないか)。

忘れ得ないものを、忘れ得ないものに、留める。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まず動く | トップページ | 欲深き 人の心と 降る雪は つもるにつけて 道を忘るる »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ