« 故郷(阿弥陀さまのふるさと)でつながっている | トップページ | 2013年1月のことば »

2012年12月29日 (土)

せっかく出会えた人なんだから、新年の挨拶も欠かしたくありません

さて、昨日のブログでは、今夏、私の祖母が阿弥陀さまの元へ還ったお話を書きました。
ブログをお読みの方から、今朝メールが届きました。「おばあさまを亡くされたのに、あなたに年賀状を出してしまいました。すみません」と。

ぜんっぜん気にしてないから大丈夫です。どうか気になさらないでください。
だって私、今年賀状書いてますから

「喪中のため、新年のご挨拶失礼します」に対し、想うところがあり、その想いをブログでも書いたことがあります。
お読みください。

2008年12月8日(月)の文章です
そういう考え方もあるんだなぁって気持ちでお読みください
  
  
お読みいただけましたか?
大切な人、身近な人亡くしたことと、新年の挨拶欠礼の関連性が、私にはまったく分かりません。
新年のご挨拶はキチンとしたいし、年賀状はこちらの近況報告にもなります。
1年欠礼するということは、2年間礼を欠くことになってしまいます。限りある いのち を生きる中で、2年間の空白はもったいなさすぎます。しょっちゅう会える人なら、会ったときに挨拶もできますが、年賀状だけでつながっている恩師・級友・仲間・旅先で知り合った人などなど いらっしゃいませんか?  そういう人たちのことを想うと、私は欠礼する気にはなりません。
喪中につき新年の挨拶は失礼いたします・・・欠礼は、大切な人との別れが理由なのでしょうか。
大切な人との別れに重ね、今つながって生きるいのちとの関係も欠かしてしまっていいのでしょうか。
それは、亡き人の望んでいることでしょうか。

などということを思うのです。
あの、「喪中につき新年の挨拶欠礼」のハガキを出しからといって、そのことを咎めようとか、正そうというのではありません(私の言っていることが正しいわけでもありませんし)。
「そういう考え方もある(のかな)」と思っていただければ幸いです。

ちなみに、西蓮寺では、家族みんなで語り合って、「年賀状を出そうね」ということを確認しあいました。みんなそれぞれに年賀状を用意しています。
ですから、お寺としても、ご門徒の皆様に年賀状を出させていただきます(2012年中にお家の方が亡くなられたお宅に対しては、年賀状をお出ししていません。そこまで こちらの主張を押し付けるのは、間違っていますから)。
「坊守さんのお母さんが亡くなられたって聞いたけど、年賀状がきたわ!!」って驚かないでくださいね。

今年もお世話になりました。
来年もまたよろしくお願い致します。

« 故郷(阿弥陀さまのふるさと)でつながっている | トップページ | 2013年1月のことば »

コメント

良いお年を!

☆HikkenDokugoさんも よいお年を!!
本年もどうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 故郷(阿弥陀さまのふるさと)でつながっている | トップページ | 2013年1月のことば »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ