« 同じ目線で | トップページ | お葬式って楽しいね »

2012年10月15日 (月)

読み聞かせ

冬物衣料を仕入れに、ユニク○千歳台店に行きました。
千歳台店は広くて品数も多く、しかも子どものオモチャや本が置いてあるので、子連れの時は千歳台店に行きます。
妻は、次女をカートに乗せて一緒にお買い物。私は、長女と共に子どもコーナー(コーナーというほどではありませんが)へ。
絵本を読んでとせがむので、読んであげました。声に出して。
一冊・二冊・三冊と読んでいるうちに、周りでそれぞれに遊んでいた子どもたちが寄ってきました。ちょっと聞いて離れる子、片手にオモチャを持ち続けながらも聞いている子、私にくっついて真剣に聞いている子。読む方も張り合いが出てきます。

絵本の読み聞かせ
ここにいるどれだけの子どもが、親から読み聞かせをしてもらっていることでしょう。
うちは、妻の希望で、長女が生まれたときから絵本の読み聞かせをしています。
絵本は、長女が生まれてからは、長崎にある「祈りの丘 絵本美術館」にお願いしています。毎月1冊・2冊、絵本美術館チョイスの絵本が届きます(もちろん、持っている本は変更できます)。
次女の分は、落合恵子さん主宰の「クレヨンハウス」にお願いしています。同様に、毎月1、2冊の本が届くのですが、絵本と一緒に届くクレヨンハウスの会報に書かれている落合恵子さんの文章を私たちが読みたいという気持ちもあります。
「絵本美術館」と「クレヨンハウス」それぞれにチョイスの特徴と信念があります。絵本を声に出して読むのは親です。読み聞かせと言いますが、実は親に対してのメッセージが込められているのかもしれません。

まだ字が読めない長女ですが、自分が聞いてきた絵本を手に取り、妹に対してその本を読んであげています。自分の記憶の中にある文章で。でも、ほとんど合っています。ちゃんと聞いて、記憶しているのですね。

読み聞かせは、子どもにとって大切なことだと思います。
とはいえ、読む時間がない・読む気分でないというときもあります。でも、それは大人の事情に過ぎません。娘が「読んで」と絵本を手にしたときは、出来るだけ読むように努めています。
「時間がない」っていうのは、言い訳ですから。そんなに忙しい人、実はいないでしょう。
絵本はいいですよ。実は、親の方が楽しんでいるのかもしれません。とりあえず1冊買ってきて、読み聞かせてあげてください。

運動会でもユニク○でも、子どもにモテモテでした。
嬉しい反面、親に遊んでもらっているのかな?という不安も感じました。
特に、私にベタベタくっついてくる子に対しては、親に抱きしめてもらっているのかな?と思いました。
なんて書きつつ、自分に突き刺さるわけですが、子どもとの時間を大切にしてあげてください。
仕事とかは、子どもが寝てから出来ますから。

« 同じ目線で | トップページ | お葬式って楽しいね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同じ目線で | トップページ | お葬式って楽しいね »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ